取材を通じて職員みなさんの「刈谷」に対する想いを強く感じました。ともに「刈谷」を盛り上げたい、地域に貢献して一緒に街づくりをしたいという方におすすめです。
あさがくナビ
取材担当者
あさがくナビのみ掲載
正社員

刈谷市役所

業種
政府系団体サービス(その他)教育
本社
愛知県
年間休日120日以上 転勤なし 入社3年離職率15%以下

プロフィール

15万人の笑顔をつくろう!
 刈谷市は愛知県のほぼ中央に位置しています。西には名古屋があり、東には自然に恵まれた三河湾国定公園が広がっています。西三河平野西部にある衣浦湾へ注ぐ逢妻川の下流に面しています。
 市の中央部にはハイテクノロジーを駆使した自動車関連産業の工場が並び、活気に満ちあふれています。一方、市北部の丘陵地には、国の天然記念物に指定されたカキツバタ群落で有名な小堤西池や緑豊かな洲原公園などがあり、素晴らしい”自然環境”も守られています。
 このほか、刈谷市には長い歴史を今に伝える数々の文化財や伝統ある郷土祭りなどがあり、貴重な歴史的遺産に触れることもできます。また”サッカーの盛んなまち”として市民のスポーツ振興のための施設や生涯学習のための文化的施設の整備にも力をいれています。
 生活の安心や快適、環境との調和を図り、本市の特性であるものづくり地域の維持発展に努めるとともに、ふるさとの歴史や文化を継承し、市民が主体的にまちづくりに参加できる都市をめざしています。

1【人が輝く】 
  いきいきと自己実現をはかり自立した生活を送ることができるまち!
  市民が主体的にまちづくりに参加できるまち!
2【安 心】
  生活の安心感が確保されたまち!
3【快 適】
  住みやすい公共空間が整備されたまち!
4【産 業】
  自動車関連企業をはじめとする産業基盤に支えられたまち!
5【文 化】
  自分の住むまちに愛着や誇りを持てるまち!
刈谷市役所庁舎

当社の事業・魅力!

幅広い仕事に携われる

市役所では人々の生活を支えるために様々な業務を行っています。例えば、住民票の発行、福祉サービスの提供、商工業の振興、道路の整備など。3~5年で人事異動があるので、幅広い業務に携わることができます。

ワークライフバランスを重視

仕事とプライベートの両立をするための制度が充実しているだけでなく、制度を使いやすい職場の雰囲気が自慢です。女性の育児休業取得率90%以上はもちろん、男性の育児参加休暇の取得率も年々増加しています。

教育制度・研修が充実

入所後1年目には、新規採用職員研修や近隣市町合同の研修などを受けていただきます。そのほかにも経験年数毎に受講する年代別研修や海外派遣研修、自己研鑽のための応募研修制度など様々な研修を用意しています。

社員に聞く!会社のリアル

人事担当者
人事担当者からのコメント

市役所の業務は、本当に様々で、提出された書類のチェックを中心とした事務作業が多い部署もあれば、イベントの企画・運営をすることが多い部署もあり、それぞれ行っている業務により、求められる能力が異なってきます。そのため、いろいろなタイプの人材が市役所にいることがベストだと考えています。裏を返せば、どなたでも市役所の業務のどれかには適性がある可能性があるのではないでしょうか。ただし、共通して言えることは、人と接することが好きであること。市役所の業務は、窓口で市民の方と接する機会がとても多いです。特に、人の話をしっかり聞けることや、難しい制度であってもわかりやすく自分の言葉で説明できることなどは、求められる能力として重要です。

選考のポイント

市役所の業務は、一個人で完結する業務はあまりありません。関係部署と調整したり、依頼をしたりしながら業務を行っていくことが多くあります。ですので、人と協力し助け合いながら業務ができるかを、選考の一つのポイントとして見ています。

先輩社員
先輩の入社理由

大学では教育学部で学んでいたこともあり、教育に関わる仕事をしたいと思っていました。教職に就いて学校で教えることも考えていましたが、次第に教育自体を支える仕事に興味を持ち、市役所を選びました。実は私の出身は名古屋市で、刈谷市ではありません。それでも刈谷市に入庁したのは、「暮らしやすい街、次世代の街」という言葉が印象に残ったからです。新しいことを取り入れながら、暮らしやすさを実現させようという方針に共感を覚えました。実際、刈谷市では新しいことに取り組むことに積極的で、「職員提案」という制度を取り入れています。より暮らしやすい街にするための提案を、年齢やキャリアに関係なく発信できる制度です。この制度を利用し、刈谷市の魅力に貢献することが目標です。

企業概要

設立
1950年(昭和25年)4月市制施行
刈谷市長
竹中良則
職員数
1,050名(2019年1月1日現在)
本庁所在地
愛知県刈谷市東陽町1-1
業務内容
住民票の発行、各種福祉サービスの提供、農業・商工業の振興、防災、道路・公園の整備、保育園・幼稚園の管理運営など、多種多様な業務を行っており、業務内容は多岐にわたっています。
施設
支所、市民センター、夢と学びの科学体験館、中央図書館、美術館、、ウィングアリーナ刈谷、保育園、幼稚園など
連絡先
〒448-8501
愛知県刈谷市東陽町1-1
採用担当:総務部人事課人事給与係 見田裕子
TEL:0566-62-1002

プレエントリー方法・選考の流れ

採用の流れについては、概ね次のとおりになります。

1  市ホームページ・市民だよりから募集要項を入手し、内容を確認してください。
  平成31年度の募集要項は、3月1日から公開してます。
  刈谷市ホームページはこちら(http://www.city.kariya.lg.jp/shisei/jinjisaiyo/syokuinbosyu.html)

2  受付方法を確認し、申し込みをする。
  A日程受付期間:2019年5月7日(火)~5月13日(月)
  B日程受付期間:2019年6月5日(水)~6月11日(火)
  
3  採用試験の受験
  <A日程の場合>
  第1次試験:自己PR試験、適性検査、専門試験(技術職のみ)
  第2次試験:個別面接、小論文、集団討論
  <B日程の場合>
  第1次試験:教養試験、適性検査、専門試験(技術職のみ)
  第2次試験:個別面接、小論文、集団討論 

4 採用候補者名簿登載(内定)


最終更新日:2019/03/08(金) 掲載終了予定日:2019/04/25(木)

●検索条件及び掲載内容について
本サイトの求人情報は、広告主の責任に基づき情報を掲載しています。正確で詳しい求人情報を目指し、 弊社による掲載内容の確認を随時行っておりますが、掲載情報の内容についてすべてを保証しているわけではありません。
就職活動の際には、雇用形態・勤務時間・休日休暇・給与・待遇などの詳細情報をご自身で十分に確認して頂きますようお願い致します。
万一、掲載内容と事実に相違があった際は、下記問い合わせフォームよりご連絡ください。調査の上、対応いたします。
あさがくナビ お問い合わせフォーム(質問箱)