親カツ!!
親子で乗り切る「今」の就活
あさがくナビ(朝日学情ナビ)就活ニュースペーパー親カツ!!トップ > 今どきの就活

今どきの就活

今の就活は親の世代の就活とは全く違うものです。
最新の就活事情を知りましょう!

今どきの就活を知りましょう

バブル前〜全盛期だった私たち親の時代の就活

1980年代に就職活動をした方は思い出してみてください。ときはバブル景気直前からバブル全盛の時代。好景気の中、どの企業も多くの学生を採用しようと奪い合う「売り手市場」でした。いわゆる「青田買い」も横行しました。しかも当時の大学生は4人に1人の「エリート」。大学さえ出れば、どこかには就職でき、しかも正社員が当たり前でした。

応募方法も今とは大違いです。インターネットなどありませんでしたから、自宅に送られてきた分厚い就職情報誌に付いているハガキを送って入社案内を入手し、簡単な履歴書を郵送したと思います。筆記試験や数回の面接を経て、優秀な学生は1人でいくつも内定をもらったものです。企業は、内定を出した学生になんとか入社してもらおうと、海外旅行に連れて行ったり、豪華なパーティーを開いたり。贅沢な内定者囲い込みが話題になりました。就職活動の時期も大学4年生の春か夏ころの数カ月間程度でした。

近年の就活事情をおさらい

今の日本に、「大学生」というブランドは存在しません。少子化が進む一方で大学は増え続け、いまや2人に1人超が大学生。選り好みさえしなければ誰でも大学生になれる「大学全入時代」です。バブルのころ37万人ほどだった大学卒業生の数はいま毎年56万人前後。ざっと1.5倍に増えました。

また、2000年代以降、雇用にかかわる規制緩和が進み、企業は契約社員や派遣社員といった非正社員を増やしてきました。2008年のリーマンショックで世界同時不況が起きると、経費削減を迫られた企業はさらに正社員の数や採用数を減らし、バブル崩壊後の「就職氷河期」より厳しいともいわれた「超氷河期」に。正社員になることが簡単ではない時代になりました。

その後、世界経済は好転。安倍政権の経済政策アベノミクスによる円安株高などで業績が回復した大企業は採用数を増やしました。企業優位の「買い手市場」だった就活は、2015年卒採用のころから「売り手市場」に転じ、就職率は「バブル期並み」といわれるほどまでに高くなりました。

大卒の求人倍率は、2012年卒の1.23から徐々に上がり、2020年卒は1.83になりました(リクルートワークス調べ)。求人倍率は企業の求人数を就職希望者数で割ったもので、学生1人に用意された椅子の数を表します。学生1人あたり2個近く。今の就活生は数の上ではかなり恵まれた状況にあるのは間違いありません。

WEBエントリーとESの功罪

バブル前後の時代と今のもっとも大きな違いの一つが、インターネットの存在です。かつての学生が就職活動の最初に手にした就職情報誌は、全員の家に平等に届いていたわけではありません。当時は「学歴」による選別が当然のように行われており、上位校の学生とそれ以外の学生には情報格差がありました。

1990年代以降、ネットが普及し、就職情報誌に代わって就職情報サイト(就活ナビ)が必須のツールになりました。ネットでは誰もが同じ情報に接することができるため、「公平・平等」です。企業へのコンタクトも、WEB上で個人情報を登録する方法(プレエントリー)に変わりました。この結果、かつては事実上、上位校の学生だけを対象に選考していた人気企業に応募が殺到するようになりました。数万人が応募する会社も珍しくありません。

同じころに広まったのがエントリーシート(ES)です。市販の規定の用紙に経歴と簡単な志望動機などを書く履歴書に対し、志望動機や自己PR、学生時代に力を入れたこと(通称「ガクチカ」)など各社が独自に設けた設問に答えるのがESの特徴です。項目数が多いうえ、一つの設問に200字から400字も書かなければならないので大変です。項目ごとに800字、1000字と作文並みに書かせる企業もあります。プレエントリーのあとESを提出して正式な「本エントリー」となります。このESを、1人数十通出すのが今の就活です。誰でも応募はできますが、いいかげんなESでは面接に進むことすらできません。常に全力投球を強いられます。

一方で、数万人もの学生が応募してくると、企業は丁寧な選考などできません。面接できる人数には限りがありますから、ESによる書類選考とSPIなどの適性検査でばっさりと落とす企業が多くなりました。

就活日程変更とインターンシップ急増

少しでも早く優秀な学生に会いたい企業と、就活に学業の邪魔をされたくない大学――。両者による綱引きによって、就活スケジュールは前倒しと後ろ倒しを繰り返してきました。かつて両者の間には「就職協定」がありましたが、協定破りをする企業が後を絶たず、1997年卒採用で廃止されました。その後は経団連がスケジュールを決めて会員企業などに順守を呼びかけてきました。

この数年は「説明会は大学3年生の3月、面接は4年生の6月解禁」で変わっていません。しかし、人材獲得競争は年々激しくなり、学生に早く接触しようと3年生の夏から冬にかけてインターンを実施する企業が急増。経団連はインターンを採用選考に結びつけてはいけないとしていますが、大半の企業がインターン参加者を選考で優遇したり、参考にしたりしているのが実情です。

3月の就活解禁後の選考も年々早まり、5月までに多くの企業が内々定を出すようになりました。一方で、経団連の中核を担う一部の大企業は「面接6月解禁」を守っています。その結果、就活は3年生の夏から丸1年続くことになり「早期化・長期化」しているわけです。

そんな中、2018年9月、経団連の中西宏明会長が「採用選考に関する指針」廃止を表明しました。背景には、グローバル競争があります。日本の企業は、人材獲得でも世界の企業と激しい競争を繰り広げています。ルールに縛られない外資系企業や経団連に加盟していないIT系企業は、3年夏のインターンで選考したり、就職希望者を年中募る「通年採用」をしたりして優秀な人材を先採りしているからです。

2021年卒採用についてはこれまでと同じスケジュールとし、政府が企業に呼びかけることになりましたが、守らなくても罰則があるわけではなく、さらに形骸化が進むとみられています。経団連と大学の代表による協議会は、今の「新卒一括採用」に加えて、「通年採用」など多様な採用形態に変えていくべきだとする共同提言をまとめました。

通年採用は、ソフトバンク、ヤフー、楽天などIT企業のほか、ユニクロのファーストリテイリング、外資系のユニリーバなどがすでに導入しており、1〜2年生が応募できる企業もあります。今後、導入企業が増える見込みです。

スケジュール、選考方法

一般的な就活スケジュール

2021年卒採用の一般的なスケジュールを整理します。

・3年生(大学院1年生)夏からのインターンで事実上スタート
 (インターンは翌年2月まで多くの企業が実施)
・3年生の3月に会社説明会と採用本番のエントリー開始
・その後すぐ面接が本格化して、4〜6月に順次内々定が出る
・10月1日に多くの企業が内定式開催

2021年3月卒業予定の就活生の一般的なスケジュールは以下のとおりです。
就職活動の主な開始時期(分野ごと)
 企業・・・・・・3年生3月以降
 福祉・医療・・・3年生3月以降
 公務員・・・・・国家は4年生5月以降
         地方は4年生6月以降
 教員・・・・・・4年生6月以降
 保育・幼稚園・・4年生7月以降
※上記の就職活動の開始時期はあくまで目安であり、分野内でも採用活動時期が異なる場合があるので、常に求人情報をチェックしていく必要があります。
就職活動の一般的なプロセス
 1. エントリー
 2. 説明会・見学
 3. 書類選考
 4. 筆記試験
 5. グループディスカッション
 6. 面接
 7. 内定

選考方法(ESによる書類選考→GD・面接)

学生は、3年の3月になると、各企業の採用ホームページ(HP)や就活ナビから、プレエントリー、会社説明会の申し込み、ES提出(本エントリー)などを行います。多くの企業は、書類選考、適性検査などのあと、筆記試験や面接を実施します。

面接は、学生1人に対する個人面接、学生数人を同時に見るグループ(集団)面接、学生5〜8人によるグループディスカッション(GD)など、形式はさまざまです。内々定までの面接回数は3回程度が普通ですが、中には6回以上面接をする企業も。正式な面接の前に、リクルーターと呼ばれる若手社員による面談を繰り返す企業もあります。リクルーターの多くは学生と同じ大学を出た先輩社員で、会った学生の情報を人事部に報告します。

筆記試験は、SPIなどの適性検査だけという企業が多いのですが、マスコミを中心に時事問題や作文・小論文のテストを実施するところもあります。

子どもに立ちはだかる壁!

進む二極化

学生優位の「売り手市場」が続く中、学生の対応は二つに分かれています。就活本番のスタートは遅くなったものの、3年生の夏から始まるインターンに参加したり、早めに就活を意識して自己分析や業界研究を始めたりする学生と、「売り手市場だし、何とかなるさ」と油断して解禁の3月になって慌てて始め、採用担当者を「企業研究が浅い」と嘆かせる学生です。各企業は求める学生を獲得するためESに工夫を凝らし、自己PR動画を提出させる会社も増えています。一夜漬けではとても対応できません。採用本番は3カ月間の「短期決戦」。早くから準備を始めていくつも内定を獲得する学生と、準備不足でいきなり本番に突入し、何社受けても内定をもらえない学生との「二極化」が進んでいます。

メンタル面のケアも大切

親の世代の就職活動では、実際に選考を受けた企業は数社から10社程度だった人が多いのではないでしょうか。人によって異なりますが、今の就活では数十にプレエントリーし、10〜20社に本エントリーという学生が多いようです。WEBエントリーが手軽にできる分、たくさん受けてたくさん落ちるのが今の就活です。落ち続けても最終的に1社内定を得ればいいのですが、「落とされるたびに自分が否定されたように感じる」と心理的に追い詰められてしまう学生もいます。

今は一部の超優秀な学生を除き、入りたい会社にすんなり内定をもらえる時代ではありません。実際、年56万人ほどの大卒者のうち、正社員として就職できる学生は約42万人前後。非正社員、アルバイト、「進学も就職もしていない人」を合わせると7万人近くに上ります。ここには正社員になりたくてもなれなかった人が多く含まれています。売り手市場にもかかわらず、就活生はみな「自分は正社員になれないのではないか」という不安と戦っています。メンタル面のケアも大切なのです。