株式会社秋田屋本店

業種
食品農林・水産・鉱業商社(食品関連)
職種
本社
岐阜県
職業研究レベル
初級
就活準備レベル
初級
職業研究・就活準備レベルとは
あなたの就活準備の段階に合わせて、インターン・セミナーを【レベル別】で探すことができます。

【目安】
職業研究レベル初級:企業の仕事理解/職場見学など
中級:社員との座談会/グループワークなど
上級:長期間の仕事体験型インターンなど
就活準備レベル初級:企業・業界説明など
中級:自己分析/ES対策など
上級:グループディスカッション/模擬面接など
職業研究・就活準備レベルとは
月平均残業40時間未満
最終更新日:2021/10/07(木) 掲載終了日:2022/02/28(月)

プロフィール

創業1804年 養蜂、はちみつの製造を行う岐阜の食品メーカー
 当社は1804年(文化元年)創業、代々銘木「秋田杉」を取り扱い、その屋号を「秋田屋」としたことから現在の社名となっています。1887年(明治20年)秋田杉を使用したミツバチの巣箱づくりに着手、以来養蜂問屋として、国内の養蜂業の発展に貢献してきました。
 創業から200年以上、信用を第一に高品質な製品作りに取り組み、現在では①はちみつやローヤルゼリー、プロポリスといったミツバチが作り出す蜂産品の製造・販売、②養蜂家の皆様が使う養蜂器具やミツバチの販売、③飲料やソース類を中心としたストロー付きパウチの受託製造を行っています。中でもストロー付きパウチの製造に関しては、平成元年に業界に先駆け生産設備を導入以降、清涼飲料から食品まで幅広く受託製造を実施しており、毎年コンスタントに1億食以上の生産を行っています。
 最近では自社製品の販売にも力を入れており、2018年には専用はちみつとして発売した「はちみつDAYS」、2019年にはリトアニアのはちみつを使用した「北欧はちみつといちごバター」がお取り寄せ大賞パンのお供部門にて金賞を受賞し、高い評価を頂いています。
 今後は蜂産品の更なる活用と普及に努めながら、養蜂によるミツバチの自然環境への貢献を中心にSDGsにも取り組み、人々の健やかな暮らしのお役に立てるよう挑戦し続けます。
 当社は1804年(文化元年)創業、代々銘木「秋田杉」を取り扱い、その屋号を「秋田屋」としたことから現在の社名となっています。1887年(明治20年)秋田杉を使用したミツバチの巣箱づくりに着手、以来養蜂問屋として、国内の養蜂業の発展に貢献してきました。
 創業から200年以上、信用を第一に高品質な製品作りに取り組み、現在では①はちみつやローヤルゼリー、プロポリスといったミツバチが作り出す蜂産品の製造・販売、②養蜂家の皆様が使う養蜂器具やミツバチの販売、③飲料やソース類を中心としたストロー付きパウチの受託製造を行っています。中でもストロー付きパウチの製造に関しては、平成元年に業界に先駆け生産設備を導入以降、清涼飲料から食品まで幅広く受託製造を実施しており、毎年コンスタントに1億食以上の生産を行っています。
 最近では自社製品の販売にも力を入れており、2018年には専用はちみつとして発売した「はちみつDAYS」、2019年にはリトアニアのはちみつを使用した「北欧はちみつといちごバター」がお取り寄せ大賞パンのお供部門にて金賞を受賞し、高い評価を頂いています。
 今後は蜂産品の更なる活用と普及に努めながら、養蜂によるミツバチの自然環境への貢献を中心にSDGsにも取り組み、人々の健やかな暮らしのお役に立てるよう挑戦し続けます。

企業概要

創立
1804年
代表者
中村 源次郎
資本金
5,000万円
売上高
72億
従業員数
230人
本社所在地
【本社】
  〒 500-8471 岐阜県岐阜市加納富士町1丁目1番地 
  TEL.058-272-1221/FAX.058-275-0001
事業内容
蜂産品の製造・販売
養蜂全般
食品製造受託
医薬品製造・販売
通信販売
事業所
【城南事業所】
  〒 500-8486 岐阜県岐阜市加納城南通1丁目18番地 
  TEL.058-272-1311/FAX.058-272-1103
【本巣屋井工場】
  〒 501-0417 岐阜県本巣市屋井1057番7 
  TEL.058-320-1138/FAX.058-320-3811
【薬師工場】
  〒 500-8253 岐阜県岐阜市薬師町30番地 
  TEL.058-275-1518/FAX.058-275-1509
【東京営業所】
  〒 108-0023 東京都港区芝浦3-12-2 芝浦田中ビル3F 
  TEL.03-3457-1080/FAX.03-3457-0582
平均年齢
38歳
沿革
1804年 創業
1887年 養蜂部創設
1918年 台湾・朝鮮半島へ養蜂器具の輸出を開始
1931年 7代目中村源次郎が合資会社秋田屋本店を設立
1959年 岐阜薬科大学と共同でローヤルゼリーの研究をスタート
1961年 株式会社秋田屋本店を設立
1963年 医薬品部門の日本養蜂株式会社を設立
1980年 食品専用の薬師工場稼働
1989年 包装容器チアーパックの生産設備を導入、飲料製造開始
1996年 はちみつ専用の羽島工場稼働
2002年 飲料製造専用の洞戸工場稼働
2009年 通販ブランド立ち上げ
2014年 GMPに適合した本巣屋井工場を新設

グループ企業
株式会社秋田屋フーズ
日本養蜂株式会社
連絡先
〒 500-8471 岐阜県岐阜市加納富士町1丁目1番地 
TEL.058-272-1221/FAX.058-275-0001

フォトギャラリー

養蜂部創設当時の看板
本社正面
養蜂風景
はちみつ原料
自社製品「はちみつDAYS」
自社製品 国産はちみつ各種
工場の様子
品質管理
蜜を集めるミツバチ
工場の様子

●検索条件及び掲載内容について
本サイトの求人情報は、広告主の責任に基づき情報を掲載しています。正確で詳しい求人情報を目指し、 弊社による掲載内容の確認を随時行っておりますが、掲載情報の内容についてすべてを保証しているわけではありません。
就職活動の際には、雇用形態・勤務時間・休日休暇・給与・待遇などの詳細情報をご自身で十分に確認して頂きますようお願い致します。
万一、掲載内容と事実に相違があった際は、下記問い合わせフォームよりご連絡ください。調査の上、対応いたします。
あさがくナビ お問い合わせフォーム(質問箱)