正社員

三和研磨工業株式会社

業種
その他メーカー・製造関連化学機械・プラントエンジニアリング
職種
営業 ルート営業(得意先中心) 法人営業(BtoB) 一般事務・秘書・受付 人事・総務・労務 貿易事務・海外事務 企画・商品開発 経営企画 調査研究・マーケティング 経理・財務・会計 法務・審査・特許 宣伝・広報 物流・在庫管理 基礎研究 応用研究・技術開発 生産・製造技術開発 機械・電機・電子機器設計 生産管理・品質管理・メンテナンス 評価・検査、研究・開発、特許 製造スタッフ(電気、電子、機械) Webデザイナー 広告デザイナー
本社
京都府
月平均残業40時間未満
最終更新日:2021/07/15(木) 掲載終了日:2021/09/06(月)

プロフィール

創業70年、より創造価値が高い製品を提供することを使命としてさまざまな分野にチャレンジしています。
人事担当が語る「ココに注目!」
  • B T O B ニッチな分野では有名企業です。
  • 仕事も生活も充実させる仕組みが整っています。
  • 業務に応じた様々な教育があり、スキルアップが出来ます。
新たな企業ドメイン「表面価値創造」のもと、広く社会に貢献する企業を目指します。
私たち三和研磨工業は、昭和24年に創業以来、"磨く分野に必要な製品とサービスを供給する"ことを使命として、ニッチなマーケットに密着し、独自性の高い商品で世界の顧客に貢献することを目指してまいりました。 さらに近年は「表面価値創造」という新たな企業ドメインのもと、光学薄膜用蒸着材料をベースに、新たな市場開拓や、世界的なトレンドとなっている人造石に対する加工用工具の提供や、海外のネットワークを活用した優れた海外商材をローカライズを行い国内市場に紹介すること等にチャレンジしていきます。

新製品の性能を評価する若手技術者
新たな企業ドメイン「表面価値創造」のもと、広く社会に貢献する企業を目指します。
私たち三和研磨工業は、昭和24年に創業以来、"磨く分野に必要な製品とサービスを供給する"ことを使命として、ニッチなマーケットに密着し、独自性の高い商品で世界の顧客に貢献することを目指してまいりました。 さらに近年は「表面価値創造」という新たな企業ドメインのもと、光学薄膜用蒸着材料をベースに、新たな市場開拓や、世界的なトレンドとなっている人造石に対する加工用工具の提供や、海外のネットワークを活用した優れた海外商材をローカライズを行い国内市場に紹介すること等にチャレンジしていきます。

当社の事業・魅力!

風通しのいい関係

風通しの良さも当社の自慢です。面倒見が良く、育成スピリッツに溢れた先輩社員が多いです。インターンシップからそのまま入社した社員も少なくありません

教育制度・研修が充実

個々の強みと向き合う新入社員研修、配属後の必要なスキルを身につける教育も半端じゃありません。

ワークライフバランスを重視

「京都モデルワーク・ライフ・バランス認証」や「きょうと健康づくり実践企業」として外部からも働きやすい環境を評価されています。

社員に聞く!会社のリアル

人事担当者
人事担当者からのコメント

当社の歴史はチャレンジの歴史だともいえます。新たに入社する方にもチャレンジ精神の旺盛な方に入社いただきたいと考えています。
当社の求める人材像
 ・チャレンジする人 新たな課題についても果敢に取り組める人
 ・素直な人     自分のやる気を素直に表現出来る人 自分の強みを認められる人 自分の好きなものの話を生々と出来る人
 ・笑顔       批判的な態度が度が過ぎると成長の妨げに
 ・自律性の高い人
 ・ストレス耐性   あまりこだわりません。ストレスの少ない仕組みを考えられる人を歓迎します。

開発の人については、今までの実験経験等がある方
 

選考のポイント

実際にお会いしてあなたの強みが当社にマッチングするのかを確認させて下さい。

□書類選考は無し エントリーシート無し 応募いただいた方と全てお会いします。
□集団面接無し グループディスカッション無し ゆっくりと自身のことをPRして下さい。
□面接の際に自身をPRするものをお持ちいただいても結構です。Web面接では画面共有いただいても結構です。
□2次試験の筆記試験の結果は希望があればフィードバックします。
□2次試験までに進まれた方には結果にかかわらず希望で面談を実施します。
□2次試験の筆記試験以降は交通費負担します。
□最終選考の際に履歴書・成績証明書・卒業見込書提出

先輩社員
先輩の入社理由

大学での専門は現在の仕事とは、少し異なっていて大学時代は化学系全般で大学院では硝子の研究を行なっていました。当社に興味を持ったのは樹脂や金属やセラミックス等いろいろな素材を扱っていることに興味を持ったことがきっかけです。また、学生時代とは違い自分の行ったことが製品になってお客さまにとって役立ち、広い意味で技術の進歩につながっていくということにチャレンジしてみたいと思ったからです。

企業概要

設立
1949年10月
代表者
竹ノ内壯太郎
資本金
7,500万円
売上高
1,234百万円(2020年実績)
従業員数
121名(2020年12月現在)
本社所在地
〒611-0033 京都府宇治市大久保町上ノ山22-1
事業内容
1.ダイヤモンド砥石・ダイヤモンド工具
2.合成樹脂系微粒子研磨製品
3.セラミック系微粒子砥石
4.特殊バフ製品
5.研磨装置
6.エッジ研磨製品
7.蒸着機能材料
以上の製造及び販売
事業所
●本社・宇治工場
〒611-0033 京都府宇治市大久保町上ノ山22-1
●高松営業所
〒761-0121 香川県高松市牟礼町牟礼3720-516
●城陽工場
〒610-0101 京都府城陽市平川浜道裏30
海外拠点
●SKE GmbH(ドイツ)
Suedstrasse 29, D-95615 Marktredwitz Germany
●Alpha Professional Tools(アメリカ)
103 Bauer Drive, Oakland, NJ 07436
●Riel Sanwa Srl(イタリア)
21046 malnate (VA) Via Gasparotto 11 Italy
●Indian office (インド)
No.49, Madhukar Building, 3rd floor Cubban Lane
Infantry road, Shivajinagar, Bangalore-560001 Karnataka, India
沿革
1949年 大阪市都島区において創業
1950年 本社を京都府宇治市大久保町に移転
1954年 社名を三和研磨工業株式会社に改称
1957年 セラミック系微粒子砥石(ベアリングの軌道超仕上げ)の生産を開始
1962年 石材加工用ダイヤモンド砥石の生産を開始
1971年 京都府城陽市に金属系ダイヤモンド砥石専門工場を設立
1974年 特殊バフを開発、生産を開始
1977年 宇治新工場完成
1978年 高松に営業所を開設
1983年 京都府中小企業モデル工場となる
1986年 宇治税務署より優良法人の指定を受ける
1992年 本社社屋完成
1993年 中小企業庁合理化モデル工場に指定
2002年 城陽新工場、物流センター完成
2003年 中国に三和特殊材料(大連)有限公司設立、京都薄膜材料研究所設立
2009年 経済産業省「元気なモノ作り中小企業300社」に認定
加入団体
研削砥石工業会、ダイヤモンド工業協会、京都工業会、日本石材産業協会、宇治商工会議所、城陽商工会議所
連絡先
三和研磨工業株式会社
〒611-0033 京都府宇治市大久保町上ノ山22-1
TEL 0774-41-6128(代表)
ホームページ
https://www.sanwakenma.co.jp

●検索条件及び掲載内容について
本サイトの求人情報は、広告主の責任に基づき情報を掲載しています。正確で詳しい求人情報を目指し、 弊社による掲載内容の確認を随時行っておりますが、掲載情報の内容についてすべてを保証しているわけではありません。
就職活動の際には、雇用形態・勤務時間・休日休暇・給与・待遇などの詳細情報をご自身で十分に確認して頂きますようお願い致します。
万一、掲載内容と事実に相違があった際は、下記問い合わせフォームよりご連絡ください。調査の上、対応いたします。
あさがくナビ お問い合わせフォーム(質問箱)