業種
鉄鋼・金属製品・非鉄金属商社(機械・金属・鉄鋼関連)建設・住宅
職種
生産・製造技術開発
本社
東京都
職業研究レベル
Lv.1
就活準備レベル
Lv.1
職業研究・就活準備レベルとは
あなたの就活準備の段階に合わせて、インターン・セミナーを【レベル別】で探すことができます。
【目安】
職業研究レベル1:企業の仕事理解/職場見学など
レベル2:社員との座談会/グループワークなど
レベル3:長期間の仕事体験型インターンなど
就活準備レベル1:企業・業界説明など
レベル2:自己分析/ES対策など
レベル3:グループディスカッション/模擬面接など
職業研究・就活準備レベルとは
最終更新日:2020/08/31(月) 掲載終了日:2020/11/22(日)

プロフィール

『国内有数の工業炉メーカー』当社から始まる”ビックプロジェクト”是非知ってください。
私たち広築は、あらゆるモノづくりや新素材開発、
大学・企業の研究所等で使用される「工業炉」のメーカーです。

製鉄所向け工業炉で国内トップクラス、
非鉄アルミ向け中型炉でも高いシェアを誇る技術者集団です.

実は、日本全体で使用される【エネルギー消費量の18%】が
工業炉で消費されています。
また、産業部門においては約40%を占めており、
工業炉は日本の産業にとって、とても重要役割を担っているんです。

私たち広築の大きな強みは、研究開発からメンテナンスまで、
製品を製造していく際に必要なプロセスを
オールインワンでサポートが可能という点です。
これは数ある工業炉メーカーの中から
広築が選ばれている理由の一つでもあります。

そして、当社の技術力は、日本だけではなく、
海外からも評価されており、
世界各地に当社で製造した工業炉を輸出しています。
姫路を本拠とする会社ですが、
日本だけではなく、海外でも通用する事業を行っています。

日本のみならず世界でビックプロジェクトが
次々と誕生する広築、ぜひ、世界水準の技術を体感してください!
私たち広築は、あらゆるモノづくりや新素材開発、
大学・企業の研究所等で使用される「工業炉」のメーカーです。

製鉄所向け工業炉で国内トップクラス、
非鉄アルミ向け中型炉でも高いシェアを誇る技術者集団です.

実は、日本全体で使用される【エネルギー消費量の18%】が
工業炉で消費されています。
また、産業部門においては約40%を占めており、
工業炉は日本の産業にとって、とても重要役割を担っているんです。

私たち広築の大きな強みは、研究開発からメンテナンスまで、
製品を製造していく際に必要なプロセスを
オールインワンでサポートが可能という点です。
これは数ある工業炉メーカーの中から
広築が選ばれている理由の一つでもあります。

そして、当社の技術力は、日本だけではなく、
海外からも評価されており、
世界各地に当社で製造した工業炉を輸出しています。
姫路を本拠とする会社ですが、
日本だけではなく、海外でも通用する事業を行っています。

日本のみならず世界でビックプロジェクトが
次々と誕生する広築、ぜひ、世界水準の技術を体感してください!

当社の事業・魅力!

商品・サービスの知名度が高い

メーカーや大学・企業の研究所に欠かせない工業炉や焼却炉を手掛けています。技術力と実績で、「熱」と「総合エンジニアリング」を核として広く社会に価値あるモノを築くのが、広築です。

幅広い仕事に携われる

他メーカーに先駆けて海外進出に積極的に取り組んできました。海外メーカーとの技術提携や、各国への数多くの納品実績で広築の名は広く知られ、納入実績は21ヵ国に及びます。

風通しのいい関係

当社の社風を一言で表すと「家庭的」。分からないことがあれば親身に教えてくれますし、困った時は上司や先輩が声をかけてくれます。社員がいきいきと働く姿を見て全く別分野から入社を決めたという学生がいるほど!

社員に聞く!インターンシップの魅力

人事担当者
人事担当者からのコメント

大企業、中小企業問わずカタログやHPだけではその企業の特色や企業文化を知ることはまず難しいと思います。また、学生の皆さんもそういった表面的な情報のみで自身の将来や、就職先を決めることに難しさや不安を感じると思います。知名度や規模にとらわれることなく少しでも興味のある企業の説明会や企業訪問に参加をして、出来るだけ多くの企業に触れることがまずは大切だと思います。直接触れることで学生の皆さんも肌で感じることが多くあると思います。その感覚を大切にし、自分が将来に渡って長く活躍できる、活躍したいと心から思える企業に出会ってくれることを願っています。また、広築が皆さんにとってそういう企業になれるよう努めていきたいと思います!

企業概要

設立
昭和25年(1950年)6月22日
代表者
代表取締役社長 中林 康
資本金
9,450万円
売上高
94.7億円(2019年3月期)
従業員数
352名(2019年4月1日現在)
本社所在地
〒671-1116
兵庫県姫路市広畑区正門通 4-10-11
事業内容
工業炉設計・製作・施工
各種プラント工事
鉄鋼関連メンテナンス事業
土木事業
事業所
本社/兵庫県姫路市広畑区正門通4-10-11

神戸支社/兵庫県神戸市中央区港島南町4-2-4
広畑事業所/兵庫県姫路市広畑区富士町1-1
飾磨営業所/兵庫県姫路市飾磨区中島字相生松1875-1
北九州営業所/福岡県北九州市戸畑区大字中原46-59
大阪営業所/大阪府堺市西区石津西町14-1
プロダクトセンター/兵庫県姫路市広畑区富士町12-20
沿革
昭和25年 日本製鉄(当時富士製鐵)株式会社広畑製鐵所再開とともに株式会社廣畑築炉工業として発足
昭和27年 大阪出張所開設 関西地区平電炉業界へ進出
昭和31年 技術設計部を創設しプラントの設計施工を開始
昭和34年 日本製鉄(当時新日本製鐵)株式会社名古屋製鐵所発足と同時に関連会社(株)東海興業設立
昭和38年 阪神事業所開設
昭和41年 タイ連続式加熱炉を受注 以後韓国・インドネシア等へ進出
昭和43年 社名を「株式会社広築」と改称
昭和49年 北九州営業所開設
昭和52年 カタールへ加熱炉輸出
昭和53年 韓国へウォーキングビーム式加熱炉を輸出
昭和54年 ホリメシイ炉販売開始
昭和54年 飾磨営業所開設
昭和55年 福崎工場開設
昭和58年 東京営業所開設
 
平成03年 ファインセラミック用大型真空炉第一号機受注
平成07年 ホリメシイ関連商品アセアン地区マーケティング開始
      以後同商品の海外輸出拡大
平成09年 サブセンター開設
平成11年 国際技術フォーラム(GIFA展/ドイツ)に機器事業商品出展
平成12年 日本ラムタイト株式会社を吸収統合
平成14年 株式会社中山製鋼所窯炉整備特命協力会社として事務所を設立
平成17年 サブセンター拡張
平成18年 タイに現地法人「HIROCHIKU ASIA (THAILAND) CO., LTD.」設立
平成19年 東京営業所閉鎖
平成19年 神戸支社開設
平成23年 インドネシアに現地法人「PT.HIROCHIKU ASIA INDONESIA」設立
平成28年 株式会社サーマル(本社:東京都板橋区)の完全子会社化
平成30年 プロダクトセンター開設
連絡先
(株)広築
神戸支社 総務部 
〒650-0047 
兵庫県神戸市中央区港島南町4-2-4
TEL:078-306-2960 

●検索条件及び掲載内容について
本サイトの求人情報は、広告主の責任に基づき情報を掲載しています。正確で詳しい求人情報を目指し、 弊社による掲載内容の確認を随時行っておりますが、掲載情報の内容についてすべてを保証しているわけではありません。
就職活動の際には、雇用形態・勤務時間・休日休暇・給与・待遇などの詳細情報をご自身で十分に確認して頂きますようお願い致します。
万一、掲載内容と事実に相違があった際は、下記問い合わせフォームよりご連絡ください。調査の上、対応いたします。
あさがくナビ お問い合わせフォーム(質問箱)