市役所の仕事は、地域福祉やまちづくり、環境保全、商工業の振興など業務内容は多岐に亘ります。「神戸をもっと良くしたい!」「幅広い仕事に携わりたい!」という方に向いています。
あさがくナビ
取材担当者
業種
政府系団体
職種
公務員・団体職員
本社
兵庫県
資格支援制度あり
最終更新日:2020/03/30(月) 掲載終了日:2021/03/31(水)
採用職種
公務員・団体職員
勤務地
兵庫県 / 神戸市

募集概要

採用職種
(令和2年度予定)
【大学卒一般枠】
総合事務、福祉、土木、建築、総合設備、農業、造園、総合科学、消防

【大学卒特別枠】
総合事務、福祉、土木、建築、総合設備

【大学卒デザイン・クリエイティブ枠】
総合事務

【高専・短大卒】
総合事務、土木、建築、総合設備、消防

【高専・短大卒デザイン・クリエイティブ枠】
総合事務

【障害者(大学卒/高専・短大卒)】
総合事務


※総合事務、福祉、土木、建築、総合設備、総合科学、農業、造園、消防のそれぞれの分野で、幅広い仕事をお任せします。
約3年ごとにジョブローテーションを実施。
様々な職務を経験しながら、ゼネラリストを目指すことが可能です。

仕事内容
【総合事務】
皆さんに身近な区役所の仕事や観光、産業振興、まちづくり、福祉関係のほか、
市全般に係る施策の企画・調整など、業務内容が大きく異なる様々な部署を異動し経験を積むことで、
様々な局面に対応できる幅広い知識・技術を習得できる点が特徴です。

【福祉】
各福祉施策の企画立案、各区保健福祉部における生活保護の決定・実施、
児童・高齢者・障害者・生活困窮者等の福祉に関する相談援護業務、障害福祉施設における生活指導、
こども家庭センター・総合療育センター・障害者福祉センター等における各種相談業務を行います。

【土木】
インフラ整備・管理プロセスの一端ですが、行政としての調整力や専門知識を駆使しながら、
計画・構想から設計、施工、維持管理まですべてのプロセスをチーム一丸となって進めています。

【建築】
すまいやまちづくりに関する政策立案・相談・情報提供や、耐震化やバリアフリー化の支援、
建築基準法をはじめとする法令による建築物の規制・誘導、
市営住宅や公共建築物の企画、設計・工事監理及び維持保全、
市民・事業者との協働によるまちづくりの推進などに取り組みます。

【総合設備】電気設備/機械設備
上下水道関連施設や公共建築物などの施設設備の計画、設計、工事監理、保守管理業務が主な仕事です。

【総合科学】化学/生物/環境/獣医/畜産/水産/生命科学/薬学
化学や生物などをそれぞれの分野にわかれ、設備や環境の保全を行うことが主な業務です。
それぞれの専門性や能力を活かした業務

【農業】
神戸ビーフをはじめ、ホウレンソウ、キャベツなどの野菜、米、新鉄砲ゆり、イカナゴなどの農水産物の生産振興を図るとともに、
食を軸とした新たな都市戦略「食都神戸」の推進や、豊かな自然環境の保全と農村環境の整備などを進め、
農村地域へ新たな人を呼び込み、移住・定住につなげる「神戸・里山暮らし」などが主な仕事です。

【造園】
公園や街路樹、街角の植栽などに関する計画、設計、工事監督、管理、指導や支援が主な仕事です。

【消防】
消火活動や救急、救助活動を行うことは勿論のこと、“予防”の取組みを推進し、
「神戸市民の命」と「神戸のまち」を守ります。

勤務地

神戸市役所、各区役所など
・市役所(神戸市中央区加納町6-5-1)
・区役所(東灘区役所、灘区役所、中央区役所、兵庫区役所、北区役所、北神区役所、長田区役所、須磨区役所、垂水区役所、西区役所)

勤務時間
原則として、午前8時45分から午後5時30分まで(昼休憩1時間、実働7時間45分)です。
※ただし、勤務場所などによって異なる場合あり

待遇・福利厚生

給与
(令和2年4月1日現在)
大学院修了     月給:223,900円
大学卒       月給:206,800円
高専・短大・専門卒 月給:183,000円
※条例に基づき決定しております。
※初任給(地域手当12%を含む)
※職務経歴などにより一定加算される場合あり
※消防を除く


試用期間
試用期間無し

受動喫煙対策
〈対策〉
屋内原則禁煙

昇給・賞与
昇給:年1回(4月)
賞与:年2回(6月、12月)

諸手当
扶養手当
住居手当
通勤手当
期末・勤勉手当(4.5カ月分)など
(2019年度実績)

休日休暇
土・日・祝日
年末年始休暇(12月29日から1月3日)
年次有給休暇(20日)
夏季休暇
結婚休暇
産前産後休暇
介護休暇
忌服休暇など

社会保険
共済制度(病気・けが・休業などの際の給付事業や年金事業など)

各種制度
健康管理(定期健康診断やメンタルヘルス対策など)
その他 (相互扶助の精神に基づいた給付事業や生活資金、住宅資金の貸付など)

教育制度・研修
神戸市では、市民ニーズや新たな行政課題に的確に対応できる職員、また高い自律性を持った
職員の育成を図るとともに、職場・組織風土改革の実現が図れるよう次のことを基本項目として職員研修を実施しています。
1.基礎実務能力
2.応対(接遇)・コミュニケーション能力
3.業務改善・政策形成能力
4.マネジメント能力・部下育成
5.職員意識(人権・男女共同参画・コンプライアンス・安全衛生など)

<新規採用職員研修>(2019年度)
期間:4月に約20日間
主な内容:講義・グループ演習(心構え、社会人としての基礎知識・マナー、市政関連、応対・接遇)

※その他、採用2カ月目、採用6カ月目、2年目、3年目など、各階層での研修や国内外の大学院等への派遣制度、業務改善研修・政策形成能力向上研修など、様々な研修を行っています。

応募条件・採用実績

応募資格
大学院、大学、短大、専門、高専
2021年卒業予定の方

※詳細は必ず試験案内でご確認ください

採用予定学科
学部学科不問

応募・選考時の提出書類
エントリーシート
申込書
※詳細は必ず試験案内でご確認ください

採用予定人数/実績
2021年卒予定:未定
2020年卒実績:201名~300名

採用実績校
規定により非公開

その他募集に関する情報

1.募集・採用に関する状況

過去3年間の新卒採用者数(男性)
2019年度:150名
2018年度:158名
2017年度:133名

過去3年間の新卒採用者数(女性)
2019年度:75名
2018年度:108名
2017年度:98名

2.職業能力の開発・向上に関する状況

研修の有無及び内容
有:新規採用職員研修、採用2・3・5年次職員研修、係長昇任時研修など

自己啓発支援の有無及び内容
有:資格取得・自己啓発助成など

メンター制度の有無
有:新規採用職員に対するサポート制度

3.企業における雇用管理に関する状況

前年度の有給休暇の平均取得日数
15日

プレエントリー方法・選考の流れ

令和2年度は決まり次第神戸市職員採用ホームページでお知らせします

(2019年度試験実績)
<大学卒>
【特別枠】
インターネット申込(神戸市職員採用ホームページに掲載または市役所・区役所などで配布している案内を参照してください)【3月上旬~下旬】
  ▼
第1次試験(適性検査(能力)、論文、適性検査(職務適性(配点なし)))【4月下旬】
  ▼
第2次試験(個別面接、アピールシート(総合事務のみ))【5月中旬~5月下旬】
  ▼
第3次試験(個別面接、グループワーク)【6月上旬~6月中旬】
  ▼
最終合格発表【6月下旬】

大学卒一般枠及びその他採用試験の詳細はホームページ(https://www.city.kobe.lg.jp/information/shokuinsaiyou/saiyou/)をご参照ください。

●検索条件及び掲載内容について
本サイトの求人情報は、広告主の責任に基づき情報を掲載しています。正確で詳しい求人情報を目指し、 弊社による掲載内容の確認を随時行っておりますが、掲載情報の内容についてすべてを保証しているわけではありません。
就職活動の際には、雇用形態・勤務時間・休日休暇・給与・待遇などの詳細情報をご自身で十分に確認して頂きますようお願い致します。
万一、掲載内容と事実に相違があった際は、下記問い合わせフォームよりご連絡ください。調査の上、対応いたします。
あさがくナビ お問い合わせフォーム(質問箱)