農林水産省を始め、各自治体(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県等)とも取引をする優良企業です。
農業という社会インフラを支える、やりがいのある仕事です。
あさがくナビ
取材担当者
あさがくナビのみ掲載
業種
農林・水産・鉱業建設・住宅サービス・インフラ(その他)
職種
本社
東京都
年間休日120日以上 初任給22万円以上 転勤なし 資格支援制度あり
最終更新日:2020/09/09(水) 掲載終了日:2021/03/31(水)

プロフィール

クライアントは農林水産省や各県自治体。農業を支え、地域社会の生活向上を図ります。
人事担当が語る「ココに注目!」
  • 毎日違う仕事を担当するから、日々勉強でき、成長できます!
  • 自分が考えた構造物が時として地図に残るやりがいもあります!
  • 農業を行うためのインフラを支える、社会貢献性が高い仕事です!
農業基盤施設(農業を行うために基盤となる構造物施設)を調査・計画・設計することが当社の仕事です。
元々は昭和42年2月1日に、東京農工大学農業生産工学科の教官が教官を辞めて当社を創立。
以来、53年以上にわたり私たちの生活に欠かす事ができない農業を支えてきました。
今では農林水産省をはじめ、東京都や神奈川県、埼玉県や千葉県、山梨県、静岡県、長野県などの自治体からも仕事を発注いただき、小さな会社ではありますが、業界において確固たる地位を築いています。

また近年は私たちの仕事を取り巻く環境も変わってきています。
例えば、農業を刷新するための農協改革や農業機械の自動運転化の導入など、今までにはなかった新しい動きがあります。
当社も今まで培ってきたノウハウや技術を活かしつつも、新しい方法を取り入れた設計を行う必要があります。
新しい動きに追随していくために、日々勉強して技術を磨いていく事が求められています。

入社後も意欲的に新しい知識や技術を習得して、農業農村整備事業という大切な社会インフラを支えたいという、向上心のある方のご応募をお待ちしております。
農業基盤施設(農業を行うために基盤となる構造物施設)を調査・計画・設計することが当社の仕事です。
元々は昭和42年2月1日に、東京農工大学農業生産工学科の教官が教官を辞めて当社を創立。
以来、53年以上にわたり私たちの生活に欠かす事ができない農業を支えてきました。
今では農林水産省をはじめ、東京都や神奈川県、埼玉県や千葉県、山梨県、静岡県、長野県などの自治体からも仕事を発注いただき、小さな会社ではありますが、業界において確固たる地位を築いています。

また近年は私たちの仕事を取り巻く環境も変わってきています。
例えば、農業を刷新するための農協改革や農業機械の自動運転化の導入など、今までにはなかった新しい動きがあります。
当社も今まで培ってきたノウハウや技術を活かしつつも、新しい方法を取り入れた設計を行う必要があります。
新しい動きに追随していくために、日々勉強して技術を磨いていく事が求められています。

入社後も意欲的に新しい知識や技術を習得して、農業農村整備事業という大切な社会インフラを支えたいという、向上心のある方のご応募をお待ちしております。

当社の事業・魅力!

専門性・スキルが身につく

当社には技術士、測量士、1級土木施工管理技士、1級造園施工管理技士、1級建築士、農業集落排水計画設計士等が在籍、誰でも資格取得に挑戦でき農業土木の専門性を磨けます(写真は水路の調査)

幅広い仕事に携われる

クライアントは農林水産省や各自治体など公的機関ですので、行政が手掛ける公共事業に携わることができます(写真は被災後の頭首工)

社員の裁量が大きい

効率化や高収益化など、今、農業には課題が山積みです。農業の発展、地域社会の生活向上に貢献するべく、長年にわたる実績と信頼を基にして、今後も尽力していきます(写真は「杉並フェスタ」での液状化実験の公開)

社員に聞く!会社のリアル

人事担当者
人事担当者からのコメント

入社後は、業務に関連する資格取得を勧めています(資格取得が大事なことはあとで述べます)。
勉強をすることにより、今まで知らなかった必要な知識に気がつき、あるいは知っていた知識の整理を行うことが出来て、さらに新しい知識の吸収の意欲が湧きます。
「物事を知り、それを好きになり、更に楽しむようになる」とても良い人生を実現することができます。
当社に入社後は、自発的に勉強を行い、日々自己研鑽する必要がありますので、自己成長したい意欲のある方を求めています。

選考のポイント

大学(大学院)時代に農業系統や農業土木、土質力学、水理学、構造力学、その他農業関連科目を学び、基本的な知識を持っている事が望ましいところです。
その上で、入社後ももっと知識を増やして、自己研鑽したいという向上心を、あなたの言葉でしっかり表現してもらいたいと思います。

先輩社員
先輩の入社理由

・大学では農業土木を専攻していたので、学んだことを活かすことができると考えて入社しました。
・入社前に実際に仕事現場を見学でき、雰囲気を知れたのも良かったです。
・入社後も他部署との距離が近いため、分からない事は何でも聞ける快適な労働環境で安心しています。

企業概要

設立
1967年2月1日
代表者
代表取締役社長 木村 達夫
資本金
1,700万円
従業員数
17名(男性14名、女性3名)
本社所在地
東京都杉並区上荻2-35-13
営業所
千葉事務所/千葉県千葉市中央区富士見2-7-9-609
埼玉事務所/埼玉県さいたま市浦和区針ヶ谷1-12-3
神奈川事務所/神奈川県相模原市中央区淵野辺3-15-1
静岡事務所/静岡県浜松市西区西山町1242
長野事務所/長野県東筑摩郡生坂村3030-3
事業内容
農業土木コンサルタント(水路、パイプライン、ポンプ場、道路、ため池、水田・畑のほ場整備、トンネル、ストックマネジメント、農業事業計画、事業変更計画変更、経済効果算定等)土木設計、公園設計、液状化調査・解析・設計 等
資格者
技術士(農業部門 建設部門 上下水道部門) 8名
RCCM(農業土木 上水道及び工業用水道 下水道) 4名
技術士補(農業部門) 4名
農業水利施設機能総合診断士 2名
農業水利施設補修工事品質管理士 1名
一級建築士 2名
一級土木施工管理士 3名
コンクリート診断士 2名
一級造園施工管理士 2名
測量士 4名
土地改良補償業務管理者 1名
(注:資格保有者の所有資格には重複があります)
社内全体会議、催亊
・業務は会社一体となって行うのが良いと思っています。そこで、もう長いこと、毎月初めの金曜日に、全員が集まって「月例全体会議」を行っています。ここでは、月ごとに各班の受注高と外注高と予想利益高を公表するとともに、各班の受け持つ業務の進捗や問題点を発表し、全員で問題点の解決方法を議論しています。また、会社の予定や方針、必要な対策(例えば、新型コロナウィルスへの対策方法:手洗いのエタノールやうがい用の薬等の準備や時差出勤の方策の検討等)を話し合っています。会社は、「情報の共有」がなにより必要であると考えているからです。

・桜の花見会を4月初めに行います。近くの公園に桜が一杯咲くので、みんなで桜を愛でに行き、その下で一杯やります。

・暑気払い・忘年会をやっています。夏の暑さを吹っ飛ばすために、みなでビールを囲みます。暮れには、一年間の反省をしようと、みんなで一杯やりながら懇談をします。
資格習得について
私たちのお客さんは、農林水産省を始めとして各県の行政です。これら行政が調査・計画・設計の業務を発注し、私たちが入札し、落札します。落札すると行政と契約します。契約の時、その業務を遂行する「管理技術者」と「照査技術者」を社内から特定しなければなりません。「管理技術者」と「照査技術者」は、必ず行政の要求する資格を持っていなくてはなりません。それが「技術士」と「RCCM」です。しかも行政の要求する資格は、農業関係の技術業務であれば、「技術士-農業部門-農業土木」、あるいは「RCCM-農業土木」とその専門分野まで指定してきます。これに応ずるがため、入社後に資格習得が必要なのです(※「農業土木技術管理士」も良いとする県もあります)。詳しい受験資格は、プレエントリー後お送りいたします資料をご覧ください。
連絡先
株式会社栄設計
〒167-0043
東京都杉並区上荻2-35-13
新卒採用担当宛て
TEL:03-3396-8141
Email:soumu@sakae-sekkei.co.jp
ホームページ
http://www.sakae-sekkei.co.jp/

プレエントリー方法・選考の流れ

あさがくナビからプレエントリー
 ↓
一次面接(人事面接) ※対象の方によっては一次面接を免除します。
 ↓
二次面接(社長面接)
 ↓
三次面接(社長面接)
 ↓
内定

●検索条件及び掲載内容について
本サイトの求人情報は、広告主の責任に基づき情報を掲載しています。正確で詳しい求人情報を目指し、 弊社による掲載内容の確認を随時行っておりますが、掲載情報の内容についてすべてを保証しているわけではありません。
就職活動の際には、雇用形態・勤務時間・休日休暇・給与・待遇などの詳細情報をご自身で十分に確認して頂きますようお願い致します。
万一、掲載内容と事実に相違があった際は、下記問い合わせフォームよりご連絡ください。調査の上、対応いたします。
あさがくナビ お問い合わせフォーム(質問箱)