産業用ラックのトップメーカーで、その売り上げはなんと年商200億円。
大学図書館の棚や研究室の研究棚などを作っています。
とてもスケールの大きな仕事!特に理系学生は、勉強した事が活かせますよ。
あさがくナビ
取材担当者
業種
鉄鋼・金属製品・非鉄金属機械・プラントエンジニアリング精密機器
職種
ルート営業(得意先中心) 生産・製造技術開発 機械・電機・電子機器設計 生産管理・品質管理・メンテナンス 施工管理
本社
大阪府
入社3年離職率15%以下 月平均残業40時間未満 3年連続増収増益 資格支援制度あり
最終更新日:2020/03/30(月) 掲載終了日:2021/03/31(水)

プロフィール

産業用ラックのトップメーカー!限られた空間を有効活用するスペースコントロールの専門家!
人事担当が語る「ココに注目!」
  • 業界NO1メーカー!提案力・技術力の高さ!
  • 意見が言いやすく、風通しの良い!
  • 提案したことや、想い描いたものがカタチにできる!
世界中で有名なインテリアショップや、物流保管倉庫、
図書館や大学の研究施設etc…
そんな様々な場所で私たちのモノづくりが活きています。

当社は1964年に創業以来、
お客様のニーズに最適な製品を開発・設計・製造・販売し、
今や産業用ラック分野で“国内生産量は日本No.1”を誇っている会社。

近年ではラック製造技術とセンシングや
モニタリング技術などを組み合わせ、
研究機関や大学などと連携した「密封型植物工場」など、
ユニークな事業も展開しています。
さらに、お客様の要望に沿った新製品も続々開発中!

こういったチャレンジ精神旺盛な当社の原動力は
「Team Sanshin」と言われるチームワーク。
社員一丸となって良いモノづくりを目指して邁進しています。

「モノづくりが好き!」という皆さん、
男女ともにイキイキ働ける環境で、
私たちと一緒に『百年企業』を目指していきませんか?

世界中で有名なインテリアショップや、物流保管倉庫、
図書館や大学の研究施設etc…
そんな様々な場所で私たちのモノづくりが活きています。

当社は1964年に創業以来、
お客様のニーズに最適な製品を開発・設計・製造・販売し、
今や産業用ラック分野で“国内生産量は日本No.1”を誇っている会社。

近年ではラック製造技術とセンシングや
モニタリング技術などを組み合わせ、
研究機関や大学などと連携した「密封型植物工場」など、
ユニークな事業も展開しています。
さらに、お客様の要望に沿った新製品も続々開発中!

こういったチャレンジ精神旺盛な当社の原動力は
「Team Sanshin」と言われるチームワーク。
社員一丸となって良いモノづくりを目指して邁進しています。

「モノづくりが好き!」という皆さん、
男女ともにイキイキ働ける環境で、
私たちと一緒に『百年企業』を目指していきませんか?

当社の事業・魅力!

商品・サービスの知名度が高い

産業用ラックの分野では、“生産量国内No.1”の実績を誇る当社。全国40数ヶ所の拠点と、ラックメーカーでは当社のみである2つの工場を有しています。さらに高い技術力で大手メーカーのOEM案件も多数。

ワークライフバランスを重視

男性が多いイメージの業界ですが、当社では女性も多数活躍しています!育休・産休の取得率も100%で、多くの女性社員が職場復帰しています。ライフスタイルの変化にも対応できる「長く働ける環境」です。

幅広い仕事に携われる

モノづくりの魅力は、「技術者の想い描いたものが、カタチにできる」ということ。特に当社では、物流倉庫やオフィス、図書館、研究施設など、様々な空間で使用されるスケール感のあるモノづくりが可能です。

社員に聞く!会社のリアル

人事担当者
人事担当者からのコメント

設計や開発職というと、黙々と一人で作業を進めるイメージがあるかもしれませんが、
当社の技術職は、みんなで連携する“チームプレイ”を大切にしています。
営業がお客様からニーズを聞き取り、それを設計・開発が目に見えるカタチにつくり上げていきます。
その後、製造、品質管理、施工管理といった様々な部門と連携し、製品が完成するのです。

こういった仕事流れからも、当社のモノづくりに必要不可欠なことは「伝える力」。
口下手でも構いませんので、「こういうモノがつくりたい!」と伝える意志を持ってほしいと思います。
そして、何度も試作を繰り返しながら、コツコツ完成まで走りぬく「やりきる力」と「挑戦する力」。
学歴や経験よりも、こういった人間的な魅力を持った方を求めています。

「とにかくモノづくりが好き!」
そんな皆さん、男女ともに活躍している技術の現場で、大きく成長してみませんか?

選考のポイント

当社の選考は学歴関係なく「人物重視」。
そのため、3回の選考はすべて面接となっています。
例えば、「モノづくりが好きな理由」や「誇れるものは何ですか?」など、皆さん一人ひとりの顔を見て、
人柄がわかる質問を行っていきます。
面接は緊張すると思いますが、
私たちも極力リラックスしてもらえるような雰囲気を作っていきたいと思いますので、
皆さんの言葉で、皆さんの想いを伝えて下さい。

先輩社員
先輩の入社理由

「設計の仕事がしたい!」と就職活動を行っていたのですが、正直、就活をするまで「三進金属工業」の名前は全く知りませんでした。
ですが、私たちの生活の様々なシーンで当社のラックが使われており、さらにその技術を活かした「密封型植物工場」などの新たな製品も開発していることから、高い将来性を感じました。
さらに最終面接では、社長と専務から“Team Sanshin”という言葉を聞き、当社がチームを重視してモノづくりを行っていることを知り、共感を持ちました。
実際の設計現場などを見学した際にも、皆さんがイキイキと仕事をしておられ、「ここで一緒に働きたい!」と思ったのが入社の決め手です。

企業概要

設立
1967年4月(創業:1964年11月)
代表者
代表取締役社長 新井 宏昌
資本金
3,829万円
売上高
235億円(2019年9月)
従業員数
661名(2020年2月)
本社所在地
大阪府泉北郡忠岡町新浜2-5-20
事業内容
スチールラックを主力に物流システム、書架などの保管機器、植物工場やソーラー架台、フロアー材などの構造物、実験・研究設備の開発・製造・販売、設置、メンテナンス
事業所
【東北地方】
●福島工場
●東北支店
●郡山営業所
●盛岡営業所

【関東地方】
●東京支社
●東京ショールーム[実験・研究設備]
●東京支社 関東DC
●北関東営業所
●南関東営業所

【中部地方】
●中部支社
●中部支社配送センター
●新潟営業所
●静岡営業所
●北陸支店
●長野営業所
●三河営業所
●名古屋事務所

【近畿地方】
●総合配送センター
●大阪支社
●姫路支店
●京都支店
●戦略的基盤研究センター

【九州地方】
●九州支社
●熊本営業所
●大分出張所
●鹿児島営業所

【沖縄地方】
●沖縄営業所

【海外】
●SANSHIN HANOI
●SANSHIN THAI


※詳しくは当社HPをご覧下さい!!
http://www.sanshinkinzoku.co.jp/
新たなビジネスも進行中!
棚の上を自動搬送できる「アイシャトル」や電動式移動パレットラック「タナコン」など、
ラックの自動化を新たなビジネスとして進行中!

ラック以外にも、ラックの技術を応用した「植物工場」「学究設備(実験台)」も手掛けております。
お客様の要望を取り入れ、他社にはない高機能とリーズナブルな価格を実現しています。
また、東南アジアへも進出し、2016年10月にはタイに販売会社「三進 タイ」を設立。
移動棚を中心にシェアを広げています。
主な取引先
株式会社IHI
株式会社内田洋行
コクヨ株式会社
JFEスチール株式会社
住友重機械工業株式会社
株式会社豊田自動織機
トラスコ中山株式会社
プラス株式会社
株式会社ライオン事務器

大阪大学
九州大学
京都大学
同志社大学
北海道大学
ほか
連絡先
【大阪本社】
〒595-0814
大阪府泉北郡忠岡町新浜2-5-20
採用担当/寺岡・前田
TEL:072-436-1533

【東京支社】
〒103-0004
東京都中央区東日本橋3-3-15
採用担当/藤井
TEL:03-3669-0800

フォトギャラリー

産業用ラックメーカーの当社では、カスタマイズによる加工技術で培った経験を活かし、実験研修設備も製造!
仕事風景①事務所をリニューアル
仕事風景②若手からベテラン、男女問わず活躍中!
2014年に緑化推進運動功労者内閣総理大臣表彰を受賞。写真は当社の役員と安倍首相との記念撮影
入社式の写真。当社の福島工場にて執り行いました!

プレエントリー方法・選考の流れ

【エントリー方法】
下記の「プレエントリー」ボタンをクリックし、エントリーして下さい。

【選考の流れ】
あさがくナビよりエントリー

会社説明会に参加

面接(2~3回)

内定

●検索条件及び掲載内容について
本サイトの求人情報は、広告主の責任に基づき情報を掲載しています。正確で詳しい求人情報を目指し、 弊社による掲載内容の確認を随時行っておりますが、掲載情報の内容についてすべてを保証しているわけではありません。
就職活動の際には、雇用形態・勤務時間・休日休暇・給与・待遇などの詳細情報をご自身で十分に確認して頂きますようお願い致します。
万一、掲載内容と事実に相違があった際は、下記問い合わせフォームよりご連絡ください。調査の上、対応いたします。
あさがくナビ お問い合わせフォーム(質問箱)