業種
商社(食品関連)農林・水産・鉱業商社(化学・石油・エネルギー関連)
職種
営業 コンサルティング営業 ルート営業(得意先中心) 海外営業 法人営業(BtoB) 人事・総務・労務 貿易事務・海外事務 企画・商品開発 経営企画 調査研究・マーケティング 経理・財務・会計 法務・審査・特許 宣伝・広報
本社
東京都
初任給22万円以上 月平均残業40時間未満
最終更新日:2020/06/30(火) 掲載終了日:2021/03/31(水)

プロフィール

7月6日(13:30~16:00)『就活サポートmeeting』に参加します!
人事担当が語る「ココに注目!」
  • 商社・流通・メーカーなど、様々な顔を持っています!
  • 農家と消費者を繋ぐことで、日本の食と農業を支えています!
  • 国内外において、スケールの大きな事業に携わることができます!

JAは、全国約1,000万人の農業者・地域の人々によって「協同組合」として組織され、地域の農業とくらしを守る活動をしている民間の団体です。JA全農は1972年にその一員として設立され、これまで農家・組合員、消費者の期待に応えてきました。私たち全国農業協同組合連合会(JA全農)は、JAグループの経済事業を担当し、国産農畜産物の販売や農業生産に必要な様々な資材を全国に供給する事業を携わってます。

国内外に136ある全農子会社や海外農協組織との連携や大手企業との合弁事業を通じて、ダイナミックな事業に携わることができるのが私たちの仕事の面白さ。会員である地域のJA(農業協同組合)や県連合会と協同し、そのスケールメリットを活かした競争力のある経済事業活動を展開しています。

農家・組合員の農業所得の増大や農業生産力の拡大を支援していくこと。さらにはそうした活動を通じて、国民への安定的な食料供給を果たし、地域の暮らしを守ること。それが、私たち全国農業協同組合連合会に課せられた役割です。

『農業のために、消費者のために、地域のために。』
持続的な発展につながる「たくましい」農業づくりに、私たちは挑戦を続けます。
私たちは、生産者や日本の農家のため、そして消費者のために、多岐にわたる事業を展開しています。

JAは、全国約1,000万人の農業者・地域の人々によって「協同組合」として組織され、地域の農業とくらしを守る活動をしている民間の団体です。JA全農は1972年にその一員として設立され、これまで農家・組合員、消費者の期待に応えてきました。私たち全国農業協同組合連合会(JA全農)は、JAグループの経済事業を担当し、国産農畜産物の販売や農業生産に必要な様々な資材を全国に供給する事業を携わってます。

国内外に136ある全農子会社や海外農協組織との連携や大手企業との合弁事業を通じて、ダイナミックな事業に携わることができるのが私たちの仕事の面白さ。会員である地域のJA(農業協同組合)や県連合会と協同し、そのスケールメリットを活かした競争力のある経済事業活動を展開しています。

農家・組合員の農業所得の増大や農業生産力の拡大を支援していくこと。さらにはそうした活動を通じて、国民への安定的な食料供給を果たし、地域の暮らしを守ること。それが、私たち全国農業協同組合連合会に課せられた役割です。

『農業のために、消費者のために、地域のために。』
持続的な発展につながる「たくましい」農業づくりに、私たちは挑戦を続けます。

社員に聞く!会社のリアル

人事担当者
人事担当者からのコメント

“強い農業をつくり、安全・安心な日本の食を支える”ために挑み続けるのが、JA全農に課せられた使命。全国各地のJAと密接に連携し、生産者が作った農畜産物を消費者へお届けする「販売事業」と、農業生産に必要な資材を生産者に供給する「購買事業」を中心に、利益最優先の企業では実現が難しい需給調整や地域振興、研究開発、広報活動、インターネット上での産直販売、食育など、全方位から積極的に推し進めているのです。

これらの取り組みの新たな原動力として・・・
1.農業への関心が高く、今後の日本農業の発展に尽力できる人材
2.バイタリティ溢れた人材
3.広い視野で職務を遂行できる人材
4.課題解決能力の優れた人材

といった個性を持つ人にJA全農では大きな期待を寄せています。

選考のポイント


仕事のフィールドの大きさ、日本農業への影響力の大きさが本会の強み。
そんな本会が求めるのは、ズバリ農業に興味がある人。
そして、チャレンジ精神を持って、物事を成し遂げることができる人です。

選考では本会の経営理念を理解し、一緒に働く仲間になってもらえそうかどうかがポイントになります。

企業概要

設立
1972年3月30日
代表者
代表理事理事長 山﨑 周二
資本金
1,152億5,740万円
取扱高
4兆5,925億円(2018年度実績)
従業員数
7,960名(2019年3月31日現在)
本社所在地
東京都千代田区大手町1-3-1 JAビル
事業内容
■米麦・青果物・牛肉・鶏卵・乳製品等の農畜産物の販売
■飼料・肥料・農薬・農業機械・資材等の農業生産資材や食料品・燃料等の生活関連資材の供給
事業所
本所:東京
事業所:札幌、仙台、東京、大阪、広島、福岡 など
都府県本部:青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、長野、新潟、富山、石川、岐阜、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、鳥取、岡山、広島、徳島、愛媛、福岡、長崎、大分 計32本部
海外拠点他
平均勤続勤務年数
20.4年
沿革
1972年
全販連と全購連の合併により設立

1979年
デュッセルドルフ事務所開設

1979年
米国法人「全農グレイン(株)」設立

1982年
米国法人「米国全農組貿(株)」設立

1983年
全農坂出LPG輸入基地完成

1992年
農協CIによる愛称「JA」の使用開始

1992年
現地法人「日本・ヨルダン肥料(株)」設立

2001年
新生全農の発足(27経済連との合併)

2002年
6経済連との合併により、33県本部体制となる

2003年
2経済連との合併により、35県本部体制となる

2004年
1経済連との合併により、36県本部体制となる

2008年
山形県本部と庄内本部の統合により、35県本部体制となる

2015年
JAしまね発足により、34県本部体制となる
グループ企業
全農物流(株)        (株)全農ビジネスサポート
全国農協食品(株)      全農パールライス(株)
JA全農青果センター(株)   JA全農たまご(株)
JA全農ミートフーズ(株)   JA東日本くみあい飼料(株)
JA西日本くみあい飼料(株)  全農グリーンリソース(株)
全農エネルギー(株)  他
連絡先
全国農業協同組合連合会(JA全農)
総務人事部 採用担当
住所:東京都千代田区大手町1-3-1 JAビル
TEL:03-6271-8123
MAIL:zz_zk_recruit@zennoh.or.jp
ホームページ
http://zennoh-recruit.jp

プレエントリー方法・選考の流れ

まずは、あさがくナビよりプレエントリーください。
プレエントリー後、マイページへのご登録をお願いしております。

また、<少人数制>【就活サポートmeeting】in 東京
7月6日(13:30~16:00)に参加を予定しております。

※詳細は、あさがくナビ2021上の『イベントを探す』よりご確認ください。

●検索条件及び掲載内容について
本サイトの求人情報は、広告主の責任に基づき情報を掲載しています。正確で詳しい求人情報を目指し、 弊社による掲載内容の確認を随時行っておりますが、掲載情報の内容についてすべてを保証しているわけではありません。
就職活動の際には、雇用形態・勤務時間・休日休暇・給与・待遇などの詳細情報をご自身で十分に確認して頂きますようお願い致します。
万一、掲載内容と事実に相違があった際は、下記問い合わせフォームよりご連絡ください。調査の上、対応いたします。
あさがくナビ お問い合わせフォーム(質問箱)