明清建設工業 株式会社

業種
建設・住宅
本社
京都府
職業研究レベル
Lv.1/Lv.2
就活準備レベル
Lv.1
インターンシップレベルとは
あなたの就活準備の段階に合わせて、インターンシップを【レベル別】で探すことができます。
【目安】
職業研究レベル1:企業の仕事理解/職場見学など
レベル2:社員との座談会/グループワークなど
レベル3:長期間の仕事体験型インターンなど
就活準備レベル1:企業・業界説明など
レベル2:自己分析/ES対策など
レベル3:グループディスカッション/模擬面接など
インターンシップレベルとは

プロフィール

場所と人・モノと思いを繋ぐ、「みちづくり」のスペシャリスト。
みなさんが車を走らせたり、歩いたりしている道路も、
当社が手掛けたものかもしれません。

明清建設工業は京都を中心に、関西エリアのさまざまな「みちをつくる」会社です。賑わいを見せる「寺町京極商店街」から、歴史ある「高台寺ねねの道」「産寧坂」、「京都縦貫自動車道」「舞鶴若狭自動車道」のような大規模幹線道路まで、場所と人・モノと思いを繋ぐ「みち」の舗装工事のスペシャリストとして、創業以来、官公庁や大手ゼネコン、ガス会社、水道会社等から厚い信頼を得ています。

「まずは現場で10年」「先輩の背中を見て育て」など、建設業界にはさまざまな固定概念がありますが、当社はその固定概念に縛られることはありません。時代とともに価値観が変わるように、当社も柔軟に組織と社員の意識を変化させながら、キャリアに関係なく、社員一人ひとりが持つポテンシャルを十二分に発揮できる会社づくり・人づくりを心がけています。

当社の事業・魅力!

頑張りをしっかり評価

近年、大きな改革として『明確かつ細分化された等級制度の導入』を実施。これまでの年功序列の要素も一部残しながらも、努力した人、仲間を敬うことができる人が、社歴・年齢関係なく昇給・昇格できる人事制度です。

風通しのいい関係

当社の組織はトップが社長、その下に取締役部長が3人、そしてその他は役職者も含めてフラットという独自スタイル。入社1年目の意見が社長に伝わり採用されることも。また新卒採用を継続し、1/4が若手社員です。

ワークライフバランスを重視

まだまだ休日出勤が当たり前の建設業界ですが、当社での休日出勤は社長決裁が必要。それくらい「休むこと」を推奨しています。「売上よりも社員の身体が大切」という私たちの想いから生まれた仕組みです。

社員に聞く!インターンシップの魅力

人事担当者
人事担当者からのコメント

当社で活躍する社員たちに、文系理系の壁は存在しません。新卒採用を続けてきた結果、そうやって活躍していく社員のタイプは大きく分けて2種類。コツコツと努力を重ね、誠実に「みちをつくる」ことに向き合う方。または、論理的に物事を考え、幅広い視野でチャレンジを続ける方です。そして共通するのは、コミュニケーション能力の高さ。社内はもちろん、協力会社との間に立ち、現場を円滑に取り仕切るスキルが求められます。

今回の採用でも、こういった素質のある方に出会いたいと願っています。入社後の育成に関しても、「優秀な人材を育てるためなら、どれだけかけても惜しくない」と考えていますので、文系理系問わず、「みちづくり」「会社づくり」に興味のある方は、ぜひチャレンジしてください。

先輩社員
先輩のオススメポイント

入社の決め手は、「文系でも手に職が付けられる」という当社の特長。道をつくることに憧れていたものの、文系出身ということであきらめかけていた時、出会ったのが当社でした。
実際、入社後は文理関係なく、早い段階で現場に出して頂きました。理系出身者との差は、基礎知識の差。その差は、先輩や職人さんたちが親身になって指導してくださったおかげで、徐々に埋めることができました。5年目となる現在は、スタジアムの外構工事など、大きな現場も任せてもらえるように。そういった現場が、地域の人たちや、ゆくゆくは自分の子どもたちの交流の場になると考えると、大きなやりがいを感じています。
また、当社の魅力は社員のことを非常に大切にしてくれ、働きやすい環境や頑張った人が評価される制度を整えていること。建設業界のイメージが覆るような環境だと思いますので、私のような文系出身の方も、ぜひ説明会に参加してください。

企業概要

設立
創業:1952年5月
設立:1953年4月
代表者
代表取締役社長 本間太郎
資本金
8,000万円
売上高
47億6,100万円(2019年3月末実績)
従業員数
74名(2019年9月)

◆有資格者
一級土木施工管理技士 45名
二級土木施工管理技士 8名
一級建設機械施工技士 13名
二級建設機械施工技士 5名
一級舗装施工管理技術者 24名
二級舗装施工管理技術者 8名
本社所在地
〒601-8115 京都市南区上鳥羽尻切町4番地
近鉄京都線「十条」駅徒歩5分
事業内容
◆事業内容
舗装工事、一般土木工事、アスファルト合材の製造販売、品質管理試験など。

明清建設工業は、「みち」をつくる会社です。住宅街の小さなみちから高速道路などの大規模なみちに至るまで、多岐に渡って手掛けます。
また、みちづくりのみならず土木工事においても高い信頼をいただいています。
自信と誇りを胸に、これからも京都の多様なニーズに応えられるよう、力を尽くしていきます。
企業理念
◆企業理念
社員の幸せと企業の成長を追及すると共に、「みちづくり」を通して社会に貢献する。

明清建設工業は従業員数74名の企業です。
従業員全員がお互いの顔をよく見知った家族的な会社です。
それぞれの成長したいという行動が、そのまま企業の成長につながります。
企業が成長することで、仕事を通した自己実現はもちろんのこと、待遇、福利厚生などの面でも社員の幸せにもつながっていきます。
得意とする「みちづくり」に全社員で取り組むことで、地域社会に貢献し、
その利益により、社員の幸福を追求します。
事業所
◆大阪支店
〒540-0031 大阪市中央区北浜東2番19号橋本センタービル602号
◆滋賀支店
〒524-0041 滋賀県守山市勝部五丁目11番9号
◆南丹支店
〒601-0751 京都府南丹市美山町島下島野2番地3
◆京都アスファルト合材所
〒617-0833 京都府長岡京市神足落述10番地
沿革
1952年 当社の前身である明清建設工業所を設立。
1953年 京都府知事登録のもと、明清建設工業株式会社を発足。
1967年 長岡京市に京都アスファルト合材所を新設。
1968年 京都府北桑田郡に北桑出張所を設置。
1972年 本社ビル新築、駐車場完成に伴い現在地に移転。
1973年 滋賀県守山市に滋賀営業所を開設。
    建設省から特定建設業の許可を取得。
 
1981年 資本金を8,000万円に増資。
1986年 大阪市中央区に大阪支店を開設。
1991年 滋賀営業所を滋賀支店に昇格。
1992年 京都アスファルト合材所にコンピュータ管理のリサイクルプラントを設置。
1996年 京都アスファルト合材所にラシックス専用の特殊サイロ3本と1tミキサーを設置。
2003年 建設業の許可業種に「と・石・鋼・しゅ・塗・園・水」の7業種を追加。
2004年 北桑出張所を南丹支店に昇格。
2017年 京都アスファルト合材所に最新のリサイクルユニットを導入。
2019年 建設業の許可業種に「解」を追加。
連絡先
明清建設工業株式会社

住所:京都府京都市南区上鳥羽尻切町4番地
TEL:075-681-5150
URL:http://meisei-corp.com/

交通:近鉄京都線「十条」駅より徒歩5分
    油小路十条交差点の西側歩道を南へ約300メートル
ホームページ
http://meisei-corp.com/

フォトギャラリー

建設業界はどこか古い・汚いというイメージがあるかもしれませんが、当社では社内の改装にも力を入れています。
代表取締役社長の本間です。社長の熱い思いで会社はどんどん変革を遂げています。
〈京都アスファルト合材所〉「みち」づくりに必要なアスファルト合材を自社で製造しています。
社内での打ち合わせ風景。わき合い合いと仕事の話をしています。
社内や現場においても上司・先輩のフォローが整っています。不安なことは常に相談できる環境があります。
新人のうちは先輩のもとで仕事を学んでいきます。個人個人に合わせて丁寧に指導をします。
カラフルな社用車です。業界の常識にとらわれずに営業活動しています。
Lead the Road -その先を行く道創り-
清潔感のあるミーティングルームで社内会議をしています。
Lead the Road -その先を行く道創り-
最終更新日:2019/10/08(火) 掲載終了予定日:2020/02/29(土)

●検索条件及び掲載内容について
本サイトの求人情報は、広告主の責任に基づき情報を掲載しています。正確で詳しい求人情報を目指し、 弊社による掲載内容の確認を随時行っておりますが、掲載情報の内容についてすべてを保証しているわけではありません。
就職活動の際には、雇用形態・勤務時間・休日休暇・給与・待遇などの詳細情報をご自身で十分に確認して頂きますようお願い致します。
万一、掲載内容と事実に相違があった際は、下記問い合わせフォームよりご連絡ください。調査の上、対応いたします。
あさがくナビ お問い合わせフォーム(質問箱)