創業300年を越える老舗企業です。しかし、人事担当者のコメントにもある通り、求める人物は思いに共感し、一緒に”今”を変えてくれる方です。老舗企業の新たな取組に関わりたい人は注目です。
あさがくナビ
取材担当者
あさがくナビのみ掲載 優良特選企業
正社員

株式会社 一保堂茶舗 UPDATE

業種
食品
本社
京都府
月平均残業40時間未満 資格支援制度あり

プロフィール

ずっと愛されるブランドを一緒につくりませんか。
「一保堂茶舗」は享保2年(1717年)創業、京都に本店を構える日本茶専門店です。
当社では「一保堂茶舗のお茶が好き」と言ってくださるお客様に、品質や味を変えず商品をお届けすることのほか、まだ日本茶に馴染みのない方にお茶を好きになってもらうきっかけづくり(商品企画やイベント、SNSを活用したPR等)にも力を注いでいます。

私たちのミッションは「お茶を通して豊かな生活をご提供すること」。

日本茶の淹れ方をお伝えすることもその活動の一つです。当社ではお茶を家でもおいしく召し上がっていただくために「お茶の淹れ方教室」を本店で定期的に開催しているほか、出張教室として京都の高校や企業に出向き、社員が講師としてお茶のことをお伝えしています。
また、日本茶をより身近に感じていただくための商品企画も積極的に行っています。店頭でお客様からいただいたお声を全社に情報共有し、いろいろな部署が協業し、新たな商品として落としこんでいきます。はじめの一保堂(抹茶のスターターキット)もお客様からヒントをいただき、商品化され、定番商品になりました。

■一保堂で働く社員に願うこと
一保堂の仲間として、縁あってご入社いただく方には、働いている時間も、プライベートも輝いていてほしいと願っています。
そのため、当社は働きやすい環境を整えることに力を注いでいます。それは、制度だけではなく、業務効率を上げる仕組みやムダな作業を省くといったことを含め、全員で取り組んでいます。
活き活きと仕事をし、自分の持てる最大限の能力を発揮していただくための環境作りが大切だと考えています。
京都 寺町通りに面した本店。「茶、一つを保つ」一保堂ののれんです。

当社の事業・魅力!

商品・サービスの知名度が高い

私たちは京都に本店を構える日本茶専門店。当社の「茶、一つを保つ=一保堂」という屋号の言葉には、一保堂が変えてはいけないもの、”日本茶の品質”への思いが込められています。

新規事業開拓に積極的

東京やニューヨークにも店舗を構えるなど、「新たな取り組み」を絶やしていません。時代にあった取り組みやアプローチを実践しています。

風通しのいい関係

毎年恒例の新年会。働く場所はバラバラですが、社内で交流する機会が多く、他部署のメンバーともコミュニケーションが盛んです。

社員に聞く!会社のリアル

人事担当者
人事担当者からのコメント

だれのために、なんのために仕事をするのか?
わたしたち一保堂は、”多くのお客様にお茶を通して豊かな暮らしを提供したい” そのために仕事をしています。

高い品質を保ち、お茶の味を保つ。
伝統的な手法を守り続けるのではなく、信用を得るための改善や新たな取り組みを生み出してこそ次の世代に
つなげていく企業になると考えています。

当社に入社される方に期待する力は「リーダーシップ」「チームワーク」「改善力」。
一保堂の想いに共感し、一緒に”今”を変えてくれる方と仕事をしたいと思っています。


選考のポイント

当社の選考テーマは相互理解です。
皆さんにお越しいただく説明会では私たちの思いや、得意な事業分野、不足している部分などを包み隠さずお伝えしたいと思っています。そして、皆さんからは「あなた自身」、「仕事を通して実現したいこと」、この2点について教えてください。

これまでの皆さんのご経験で、こんなことがあればぜひ教えてください。
仲間が最大の力を発揮できるようにアシストした経験。周囲と調和しながら、目標や目の前の課題を乗り越えた経験。そして、PDCAサイクル(計画・実行・評価・改善)を元に「なぜそうなるのか」を客観的に捉え、物事をより良いものへ改善した経験。仕事はコミュニケーションの積み重ねですので、これらの経験はきっと皆さんの社会人スタートを後押ししてくれるはずです。

先輩社員
先輩の入社理由

入社のきっかけは、「好きなもの」「興味のあるもの」を扱う仕事がしたいと思い、当社を選びました。お客様にご提案、販売するうえで自分自身が“良い”と思える商品を扱いたいと考えていたので、当社のことを知ったときはすぐに応募しました。

現在は売場での接客のほか、当社が開催しているお茶の淹れ方教室の運営にも携わっています。今後は一人でも多くのお客様にお茶の魅力を伝えられるようにもっと知識を高めていくことが目標です。
入社して感じたのは、上司や先輩が、話しやすい環境を整えてくださるので、業務での疑問点やシフトの希望など、お伝えしやすいということです。職場には、産休や育休を取られる女性も多く、女性が仕事を続けやすい環境だと思います。よく社長や常務にも会いますが、いつも笑顔で話しかけてくれるので、そういう社風もいいなと思います。


企業概要

設立
1964年4月(創業1717年)
代表者
代表取締役社長 渡辺 孝史
資本金
1,000万円
売上高
31億4,000万円(2018年8月)
従業員数
231名(2018年8月)
本社所在地
京都府京都市中京区寺町通二条上ル常盤木町52
事業内容
京銘茶の加工・販売
事業所
京都:京都本社・市内百貨店(3店舗)
大阪:市内百貨店(1店舗)
東京:東京丸の内店・23区内百貨店(9店舗)
米国:New York店
平均年齢
39歳
沿革
1717年 近江屋創業
1846年 一保堂の屋号を授かる
1864年 蛤御門の変の戦火により店舗焼失し、現在地に本店を新築
1952年 デパート出店開始
1995年 喫茶室「嘉木」オープン
2001年 オンラインショップ開始
2005年 工場「107」完成
2006年 本店・本社リニューアル
2010年 東京丸の内店オープン
2013年 New York店オープン
2018年 ジェイアール伊勢丹 新規オープン
一保堂の思い
自然の産物であるお茶は、同産地でもその年の気候で茶葉の風味が変わります。その茶葉を合組(ごうぐみ)とよばれるブレンド作業で「一保堂の味」を保ち続け、お客様に提供するのが私たちの役割。約170年前、山階宮から賜った「茶、一つを保つ=一保堂」という屋号の言葉には、一保堂が変えてはいけないもの、”日本茶の品質”への思いが込められています。一方で、時代に合わせて変えなければならないものも存在します。そうすることでこれまで日本茶に親しみのなかった国内外の方へその魅力をお届けすることも、大切にしています。
社員に求めるのは、守るもの、変えるものを見定め、時代の変化に対応できるビジネスセンス。「老舗と呼ばれるのは、その結果に過ぎない」という社長 渡辺の言葉には、歴代の社員が築いてきた一保堂茶舗の思い、すべてが込められています。
連絡先
〒604-0915
京都府京都市中京区寺町通二条上ル常盤木町52
株式会社一保堂茶舗
総務グループ人事チーム採用担当
TEL:075-211-3631
ホームページ
http://www.ippodo-tea.co.jp/

フォトギャラリー

寺町通りにある一保堂茶舗の京都本店です。国内外からお客様がお越しになられます。
NY店での一コマです。気軽にテイクアウトできるドリンクは現地のお客様にも愛されています。
より身近にお茶を感じていただけるよう、商品開発も行っております。
京都本店に併設している喫茶「嘉木」。お客様にお茶の淹れ方をレクチャーをしています。
”抹茶=茶道”だけでなく、気軽に楽しんでいただきたいと思っています。

プレエントリー方法・選考の流れ

★今後のスケジュール★=========

【イベント出展情報】
8月22日に京都就職博へ参加しますので、ご興味のある方は是非ご参加ください。

====================
【第1クール 選考スケジュール】※終了
●6月14日:Webエントリーシート締切

●合格者の方には説明会兼1次選考のご案内をさせていただきます。
※説明会終了後に選考参加を希望される方はそのまま1次選考にご参加いただきます。

●7月~8月上旬:面接・面談2~3回予定
●8月中旬:内定予定
====================
【第2クール 選考スケジュール】
★まもなく詳細をアップいたします。

====================
最終更新日:2019/09/13(金) 掲載終了予定日:2020/03/31(火)

●検索条件及び掲載内容について
本サイトの求人情報は、広告主の責任に基づき情報を掲載しています。正確で詳しい求人情報を目指し、 弊社による掲載内容の確認を随時行っておりますが、掲載情報の内容についてすべてを保証しているわけではありません。
就職活動の際には、雇用形態・勤務時間・休日休暇・給与・待遇などの詳細情報をご自身で十分に確認して頂きますようお願い致します。
万一、掲載内容と事実に相違があった際は、下記問い合わせフォームよりご連絡ください。調査の上、対応いたします。
あさがくナビ お問い合わせフォーム(質問箱)