親カツ!!
親子で乗り切る「今」の就活
あさがくナビ(朝日学情ナビ)就活ニュースペーパー親カツ!!トップ > 今どきの就活

今どきの就活

今の就活は親の世代の就活とは全く違うものです。
最新の就活事情を知りましょう!

今どきの就活を知りましょう

バブルに踊った親世代の就活

1980年代に就職活動をした方は思い出してみてください。ときはバブル景気直前からバブル全盛の時代。好景気の中、各企業がなりふりかまわず学生を奪い合う「売り手市場」でした。いわゆる「青田買い」も横行しました。しかも当時の大学生は4人に1人のいわば「エリート」。大学さえ出れば、どこかには就職でき、しかも正社員が当たり前でした。

応募方法も今とは大違いです。インターネットなどありませんでしたから、自宅に送られてきた分厚い就職情報誌に付いているハガキを送って入社案内を入手し、簡単な履歴書を郵送したと思います。筆記試験や数回の面接を経て、優秀な学生は1人でいくつも内定をもらったものです。企業は、内定を出した学生を他社に取られまいと豪華な懇親会を開いたり、海外旅行に連れて行ったり。内定者囲い込みが話題になりました。就職活動の期間も大学4年生の春か夏ごろの数カ月間程度だったと思います。

近年の就活事情をおさらい

今の日本には、「大学生」というブランドは存在しません。少子化が進む一方で大学の数は増え、いまや2人に1人超が大学生。選り好みさえしなければ誰でも大学生になれる「大学全入時代」です。バブルのころ37万人ほどだった大卒生の数は、いま毎年57万人前後。ざっと1.5倍に増えました。

一方、1990年代初めのバブル崩壊後、2000年代になると雇用の規制緩和が進み、企業は契約社員や派遣社員といった非正社員を増やしてきました。2008年のリーマン・ショックで世界同時不況が起きると、経費削減を迫られた企業はさらに正社員の数や採用数を減らし、バブル後の「就職氷河期」より厳しいともいわれた「超氷河期」に。正社員になることが簡単ではない時代になりました。

その後、世界経済は好転。安倍政権の経済政策アベノミクスによる円安株高などで業績が回復した大企業は、採用数を増やしました。企業優位の「買い手市場」だった就活は、2015年卒採用のころから「売り手市場」に転じ学生優位の状況が続きました。

ところが、2020年春に世界を襲った新型コロナウイルスによる感染症拡大で状況は一変。1929年の世界恐慌以来の不況ともいわれる事態に陥り、航空、旅行、鉄道などの人気業界で採用を中止したり、採用数を減らしたりする企業が続出。2019年卒採用で1.88倍と2倍に近づいた大卒求人倍率は2021年卒採用では1.53倍に急落(リクルートワークス調べ)し、「売り手市場」はいったん終焉しました。ただ、巣ごもり需要などでIT、通信、電機、食品など業績を伸ばした業界もあり、2022年卒採用では採用数を減らす企業と増やす企業が混在するまだら模様となり、就職氷河期の再来は避けられそうな情勢です。

WEBエントリーとESの功罪

バブル前後の時代と今のもっとも大きな違いの一つが、インターネットの存在です。かつての学生が就職活動の最初に手にした就職情報誌は、全員の手元に平等に届いていたわけではありません。当時は「学歴」による選別が当然のように行われており、上位校とそれ以外の学生には大きな情報格差がありました。

1990年代以降、ネットが普及し、就職情報誌に代わって就職情報サイト(就活ナビ)が必須のツールになりました。ネットでは誰もが同じ情報に接することができるため、「公平・平等」です。企業へのコンタクトも、WEB上で個人情報を登録する方法(プレエントリー)に変わりました。この結果、かつては事実上、上位校の学生だけを対象に選考していた人気企業に応募が殺到するように。数万人が応募する会社も珍しくありません。

同じころに広まったのがエントリーシート(ES)です。市販の規定の用紙に経歴と簡単な志望動機などを書く履歴書に対し、志望動機や自己PR、学生時代に力を入れたこと(通称「ガクチカ」)など各社が独自に設けた設問に答えるのがESの特徴です。項目数が多いうえ、一つの設問に200字から400字も書かなければならないので大変です。項目ごとに800字、1000字と作文並みに書かせる企業もあります。プレエントリーのあとESを提出して正式な「本エントリー」となります。このESを、1人数十通出すのが今の就活。誰でも応募はできますが、いいかげんなESでは面接に進むことすらできず、常に全力投球を強いられます。

一方で、数万人、数千人の学生が応募してくると、企業は丁寧な選考などできません。面接できる人数には限りがありますから、ESとSPIなどの適性検査を合わせた書類選考でばっさりと落とす企業が多くなりました。中には、上位校の学生を優遇する「学歴フィルター」で選別する企業もあるといわれています。

インターンシップ急増で早期化+長期化

早く優秀な学生に会いたい企業と、就活に学業の邪魔をされたくない大学――。両者の綱引きで、就活スケジュールは前倒しと後ろ倒しを繰り返してきました。かつて両者の間には「就職協定」がありましたが、協定破りをする企業が後を絶たず、1997年卒採用で廃止されました。その後は経団連がスケジュールを決めて会員企業などに順守を呼びかけてきました。

この数年は「説明会は大学3年生の3月、面接は4年生の6月解禁」で変わっていません。しかし、人材獲得競争は年々激しくなり、3年生の夏から冬にかけてインターンシップ(就業体験)を実施して、早めに学生に接触しようとする企業が急増。採用直結型のインターンはまだ少数派ですが、大半の企業がインターン参加者を採用試験で優遇したり、早めに内々定を出したりしているのが実情です。

3月の就活解禁後の選考も年々早まり、多くの企業が5月までに内々定を出すようになりました。一方で、一部の大企業は「面接6月解禁」を守っています。このため就活は3年生の夏から丸1年続くことになり、「早期化+長期化」しました。

2021年卒採用からは、経団連に代わって政府が就活スケジュールを決めて全企業に呼びかける形に変わりました。「3月説明会解禁、6月面接解禁」が維持されましたが、新型コロナによる緊急事態宣言などで選考が一時中断した企業も多く、選考はさらに長期化しました。

新型コロナの影響はインターンにも及び、WEBインターンが一気に広まりました。インターンは学生が会社や仕事を知るとても貴重な機会です。1日のイベントと複数日程のもの、WEBと対面など、業界や種類を問わず、多く参加するほど理解が深まります。人気企業のインターンは狭き門で、ESや面接による選考を通らないと参加できません。ただ、インターンで自分をアピールできれば本番の採用選考で有利になりますが、参加しなかったからといって本番で不利になるということはありません。

インターンについては近年、見直しが続いています。経団連と大学による産学協議会で、1日や半日の形だけのものや、実務の体験が伴わないものは「インターンシップ」とは呼ばないことになりましたが、1日限りでもイベントやセミナーは開けるため実態はさほど変わっていません。今後は、採用直結型のインターンが増える可能性があります。

産学協議会ではこのほか、従来の「新卒一括採用」に加えて、「通年採用」、職種別の「ジョブ型採用」など採用方法や時期の多様化をはかることでも合意しました。IT企業が先行した通年採用は大手金融機関などにも広がり、4年生の夏以降も選考を続ける企業が増えています。ただ、留学帰りの学生や公務員試験からの転戦組などが主な対象で、春の選考がメインであることに変わりはありません。

女子の就活 様変わり

女子学生の就活も様変わりしました。かつては「総合職」といえばたいてい男子が対象で、女子は業務内容が限定的で待遇が劣る「一般職」という構図でしたが、1986年施行の男女雇用機会均等法で採用の男女差別は法的に禁止されました。育児休業法が施行され、共働き世帯数が専業主婦世帯数を初めて上回ったのが1992年。その後も1999年に男女共同参画社会基本法が、2015年には女性活躍推進法が施行されるなど法整備が徐々に進んできました。

今では女子の総合職採用も一般的になり、企業が「育休後の復職率100%」などとアピールする時代です。日本企業の管理職や役員の女性比率は国際的にみてまだまだ極めて低い水準ですし、採用の現場に女性差別がなお存在するのも事実ですが、「ダイバーシティー」(多様性)は経営成功のキーワード。成長性の高い企業ほど、女子学生の採用に積極的な傾向があります。

働く地域を限定し、引越を伴う転勤がない職種「エリア総合職」や「地域限定正社員」といった採用も増え、男女を問わず選択肢は広がっています。

スケジュール、選考方法

就活スケジュール

一般的なスケジュールを整理します。

●3年(大学院1年)の夏 インターンシップで事実上、就活スタート
●秋〜冬 2月までインターン開催多数。外資・IT・ベンチャー企業は選考本番、春までに内々定出し
●3月 (ルール上の就活解禁)大半の企業が会社説明会とエントリー開始、一部面接もスタート
●4年の4〜5月 面接が本格化し、順次内々定
●6月 (ルール上の面接解禁)大手企業で最終面接・内々定
●10月 1日に多くの企業が内定式開催
●その後 学生を採りきれていない大企業や中堅・中小企業の採用が続く

選考方法(ESによる書類選考→GD・面接)

学生は3年生の3月になると、各企業の採用ホームページ(HP)や就活ナビから、プレエントリー、会社説明会の申込、ES提出(本エントリー)などを行います。多くの企業は、ESと適性検査(SPIなど)による書類選考の後、面接を複数回行います。

面接は学生1人に対する個人面接、数人を同時に見るグループ(集団)面接、学生5〜8人によるグループディスカッション(GD)など、形式はさまざまです。面接回数は3回程度が普通ですが、中には5〜6回行う企業も。面接の前に、リクルーターと呼ばれる若手社員による面談を繰り返す企業もあります。

2021 年卒採用では、新型コロナの影響で対面の面接ができなくなり、多くの企業がオンラインによるWEB面接を一斉に導入しました。オンラインではお互いに人柄や社風が見えにくい一方、企業は大勢の学生と効率的に面接ができ、学生も1日に何社もの面接を受けられます。とくに地方の学生や海外にいる留学生にとっては、移動せずに東京の学生と同じ条件で受けられるのは大きなメリットです。ただ、WEB面接だけでは判断できないという企業も多く、最終面接は対面で行う企業も多くありました。今後、コロナが収束したとしても、初期の面接はオンラインで実施し、最終面接は対面で行う「ハイブリッド型」が主流になるとみられています。

対面の面接ができなくなったことから、客観的な判断基準として適性検査をこれまでより重視したり、ESに加えて「自己PR動画」を提出させたりする企業が増えました。適性検査については、対策本などによる早めの対策が欠かせません。

選考プロセス

一般的な選考プロセスの目安は以下のとおりです。

●選考プロセス(順番が前後する場合も)
 0. インターンシップ
 1. 本選考のプレエントリー(WEB登録)
 2. 会社説明会
 3. 本エントリー(ESや自己PR動画提出)
 4. 筆記試験(SPIなどの適性検査)
 5. 書類選考(ESと筆記試験による選考)
 6. グループディスカッション
 7. 面接(複数回)
 8. 内定

お子さんに立ちはだかる壁!

早めの準備・心構えがカギ

新型コロナで選考が一時中断した2021年卒採用では、インターンに参加するなど早くから就活に取り組んだ学生と、「就活解禁」の3月までのんびりしていた学生の間で、結果がはっきり分かれました。3月から予定されていた会社説明会は多くがWEB説明会に切り替えられ、合同企業説明会(合説)は中止になりました。3月からの合説や大学での学内説明会で自分に合う会社を探すつもりだった学生は出会いの場を失いました。一方、選考が一時ストップしたことから、インターンで出会った学生の確保に動いた企業もあり、例年以上に早めに内々定を得た学生もいます。

2022年卒採用では、さらに学生の「二極化」が進んだといわれます。コロナで危機感を募らせて早めに動いたことが奏功し、早々に内々定を得た学生が多くいます。これに対し、キャンパスに行けず同級生らとの情報交換の機会が減ったほか、就活ガイダンスなどもオンラインになったため、受け身の学生の出遅れが目立ちました。

そもそも各企業のESを書き分けるのは大変で、一夜漬けではとても対応できません。就活は早めの準備と取り組みが勝負を分けます。

メンタル面のケアも大切

親の世代がかつて選考を受けた企業は、数社から多くても10社程度だったと思います。今の就活では数十社にプレエントリーし、ESを出すのは20〜30社、中には50社に出す学生もいます。WEBで手軽にプレエントリーできる分、「たくさん受けてたくさん落ちる」のが今の就活です。落ち続けても最終的に自分に合う1社の内定を得られればよいのですが、「落とされるたびに自分が否定されたように感じる」と心理的に追い詰められる学生もいます。

今は一部の優秀な学生を除き、入りたい会社から簡単に内定をもらえる時代ではありません。「売り手市場」だった2020年卒でも、57万人ほどの大卒者のうち正社員として就職した学生は約43万人。契約社員、派遣社員、アルバイト、パートといった非正社員に、就職や進学の準備中などを合わせた人数は6万人以上にのぼりました。ここには正社員になりたくてもなれなかった人が多く含まれているとみられます。就活生はみな「自分は正社員になれないのではないか」という不安と戦っています。メンタル面のケアも大切なのです。