※現在、応募受付を停止しています。

あさがくナビのみ掲載
正社員

東洋グループ【東洋ケース・東洋レーベル】

業種
その他製造繊維・アパレル・服飾関連アパレル・ファッション
本社
京都府
年間休日120日以上 転勤なし

プロフィール

常に新しい「雑貨」の商品開発に取り組んでいます。
私達は「こんなものが欲しかったんだ」「こんなものを探していたんだ」という常に新たな「雑貨」の商品開発に取り組み、商品を通じて暮らしに潤いを創造し、「ココロの充足」を提供する企業で在り続けます。
※今回は東洋ケース・東洋レーベル合同募集です。
【東洋ケース】
当社は創業以来、常に環境の変化、お客様のニーズの変化に敏感に対応し、業態を変化させ続けてきました。段ボールのパッケージ事業で創業し、運搬用・梱包用という用途から、収納用という段ボール商品の利用シーンの拡大に着目し、商品アイテムを変化させ、次に通信販売という購買方法の時代の変化にいち早く対応。そして通信販売事業者様向け商品の提供を開始しました。
収納雑貨というカテゴリーでの事業展開から、現在では「雑貨」というカテゴリーに事業分野の展開を行っています。
これからも時代の変化や、社会のニーズにアンテナを張り、「雑貨」という商品を通じて、生活のアクセントを彩り、皆様の生活に心の豊かさを感じていただける商品開発に取り組んでいきます。
【東洋レーベル】
印刷や電子関連のものづくり技術を通して社会に貢献しています。印刷は、機能性デバイス・加飾成形・グラフィック等分野に分類され、医療・教育等の各種スイッチ等に広く製品化されています。また転写シールでは、本格的な蒔絵調の技術開発に取り組み、新しい市場も開拓しています。電子機器の分野では、モータ制御のシステム・コントローラの開発・製造・販売から検査装置や電子回路・プリント基板等幅広く取組んでいます。天体望遠鏡の制御技術では30年来の実績があり東大TAOプロジェクトの望遠鏡制御を担当しています。

社員に聞く!会社のリアル

人事担当者
人事担当者からのコメント

【東洋ケース】
現在「東洋ケース」では管理部門において、次世代の中心者となるスタッフを求めています。会社の経営を管理側から分析し、改善するために、様々な事柄に対して、好奇心を持って仕事に向き合える方からのご応募をお待ちしています。
【東洋レーベル】
「新生東洋レーベル」への挑戦を進めており、その仲間を募集しています。仕事の取組みは、精密スクリーン印刷をはじめとし、転写シールの分野では業界トップクラスの技術を開発しております。また電子機器事業部では自社製品の検査技術を製品化するなど新たな分野への展開も図っています。常に時代を見つめ市場を読みチャレンジを続けるベンチャースピリットが社風の企業です。何事にも失敗を恐れないチャレンジャーを求めています。

選考のポイント

東洋ケース・東洋レーベル共に今回募集の総合職(事務系及び技術系)では、あらゆる主幹業務に対する知見を基に与えられた目標を達成する理論的思想が必要です。このためメーカーとして「ものづくりの原理・原則」を理解するため、主な部署をローテーションし様々な課題解決を担い、経営資源の開発を学びます。また、職場ではマネジメント業務の役割を果たす発言や行動を実際に経験します。社風やイズム、業務の流れ、社内ルール等を理解し身に付ける、ことも重要な仕事です。そして現場活動による本人の能力・適性・希望等を総合的に判断し、その後の人材育成のシナリオを個別に作成し、配属していきます。

先輩社員
先輩の入社理由

私が東洋グループに入社したのは、自身のスキルを磨くことができると共に、プライベートも充実させることができるからです。
自分の時間を大切にし、仲間と一緒にコミュニケーションを取りながら、会社を盛り上げていく事ができる点がとても魅力的だと感じます。
一方、様々な種類の業務を任されることが多いので、自己管理能力も鍛えることができますし、その分やりがいを感じる場面もたくさんあります!
自分自身を高めていきながら、毎日仕事ができる職場だと思います!

企業概要

設立
【東洋ケース】 昭和35年(1960年)7月12日
【東洋レーベル】 昭和52年(1977年)11月24日
代表者
吉川 弘
資本金
【東洋ケース】 5,000万円
【東洋レーベル】 1,000万円
従業員数
【東洋ケース】 64名
【東洋レーベル】 97名
本社所在地
〒615-0824 京都市右京区西京極畑田町8
事業内容
【東洋ケース】 日用雑貨、インテリア雑貨全般の企画・製造・販売、OEM製品の受託
【東洋レーベル】 工業製品、生活用品、商業関係用品の企画開発・製造販売
沿革1
【東洋ケース】
昭和29 年12 月:吉川弘(代表取締役)が京都市下京区西七条中野町2 において創業
  35 年7 月:京都モクメン株式会社設立(資本金60万円)
  36 年10 月:ダンボール製函工場建設
  46 年5 月:本社工場を京都市右京区西京極畑田町8 に新設移転。営業所、工場を統合する
  47 年3 月:シール印刷部門を設立  ステッカーシール等の製作販売業務を開始
  52 年10 月:シール印刷部門を別会社 「 東洋レーベル 」 として独立
  59 年1 月:新製品企画室を開設 12 月インテリアBOX 等企画、販売
沿革2
平成7 年4 月:木製ラック他、インテンリア収納システム充実
  9 年12 月:帆布製商品など新企画素材アイテムスタート
  10 年2 月:東京インターナショナルギフトショー初出展
  11 年5 月:収納ケース製造事業を本格化
  13 年3 月:インターネット事業開始
  14 年6 月:輸入事業開始  全自動包装機導入
  19 年6 月:彩蒔絵シール事業開始 (東洋ケース:企画・販売、東洋レーベル:製造)
  21 年2 月:ファッション雑貨事業開始
  21 年11 月:製造並びに物流センター 竜王倉庫竣工
  23 年7 月:上海に独資の現地法人 京匠貿易(上海)有限公司 を設立
  25 年1 月:東京営業所開設
沿革3
【東洋レーベル】
昭和47年3月:東洋ケース株式会社のシール部門として製造販売業務を開始
  52年11月:株式会社東洋レーベルとして分社独立(京都市下京区梅小路西中町)
  61年:プレス機を導入し、短納期化・コストダウンを目的とした企画→印刷→加工の「社内一貫生産」を確立
  63年:精密全自動スクリーン印刷機SC72A、シール印刷機A100-2等を導入し、量産化・省力化を図る。
     葛野大路工場(京都市右京区西京極東側)を新設し、自動化ライン・プレスを整備
     メンブレンスイッチの製造・販売開始

沿革4
平成2年:UL JAPANの評価試験に合格し、UL・CUL認定工場となる。ファイル№ MH16390、MH28891
  5年:工場拡張のため現在地へ移転(京都市右京区西京極畑田町)
  12年:蒔絵調転写シール(TLアニバ)の製造・販売開始
  15年:ISO9001(2000年版)認証取得。スクリーン印刷方式 静電容量タッチスイッチの開発に着手
  17年:スクリーン印刷方式 静電容量タッチスイッチ製造・販売開始
  18年:京都府より中小企業経営革新支援法に基く経営革新企業として承認を受ける
  19年:キョード(株)の事業譲渡により、大阪営業所(大阪府寝屋川市点野)を開設
  23年:上海に独資の現地法人「京匠貿易(上海)有限公司」を設立
  26年:機能性部材の生産能力増強のため第二事業所(京都市右京区西院安塚町)を開設
  27年:東京営業所(東京都千代田区外神田)を開設

グループ企業
東洋ケース

東洋レーベル
連絡先
〒615-0824 京都市右京区西京極畑田町8
TEL:075-313-5961(代表)
採用担当宛
ホームページ
https://www.toyo-case.co.jp/
最終更新日:2019/06/26(水) 掲載終了予定日:2019/08/22(木)

●検索条件及び掲載内容について
本サイトの求人情報は、広告主の責任に基づき情報を掲載しています。正確で詳しい求人情報を目指し、 弊社による掲載内容の確認を随時行っておりますが、掲載情報の内容についてすべてを保証しているわけではありません。
就職活動の際には、雇用形態・勤務時間・休日休暇・給与・待遇などの詳細情報をご自身で十分に確認して頂きますようお願い致します。
万一、掲載内容と事実に相違があった際は、下記問い合わせフォームよりご連絡ください。調査の上、対応いたします。
あさがくナビ お問い合わせフォーム(質問箱)