正社員

東神開発株式会社

業種
不動産建設・住宅
本社
東京都

プロフィール

東神開発は、都市機能をトータルにプロデュースし地域と共生する街づくりをめざします
東神開発は1963年に本格的郊外型ショッピングセンター(SC)の開発にあたり、高島屋を母体として設立されました。SC経営の舵取りをつかさどるディベロッパーとして、ゆるぎない経営理念とSC運営基本理念「共存共栄」「相互信頼」「自主性尊重」を遵守しています。地域の人々と一体になり、地元の皆さまから支持される商業施設として、創業時から変わらないこの志に新たに「お客様視点」を加え、今後も国内・海外の新規SC開発、さらに高島屋グループの一員として業容拡大に向けた開発機関の役割を担っていきます。

1.SCディベロッパー
土地や建物を開発し、テナントに賃貸して家賃収入を得るという点で、当社は一般のディベロッパーと同じですが、SCという複合商業施設を成功に導く強みとして持ち合わせているのが、「小売業の視点でテナントをリードする力」です。小売のマーケティングノウハウやMD力、そしてサービスマネジメントのノウハウも求められます。

2.今後の成長戦略
玉川、柏、流山おおたかの森、新宿、日本橋、立川、なんば、博多、シンガポールでSCを運営していますが、今後は次のような成長戦略を描いています。
 ■ 百貨店を核としたSC事業に磨きをかける
 ■ グループ一体となった百貨店事業の改善強化
 ■ 周辺開発や増床を中心とした立地競争力の強化
 ■ 経済成長が望めるアジア地域の新規不動産開発
アジアを中心とした海外戦略では、ベトナム・ホーチミンの「サイゴンセンター」を2016年7月に開業。今後もシンガポール及びベトナムで20年間培ったSC開発・運営ノウハウを活かし海外事業獲得を推進していきます。
百貨店との一体化をめざした125の専門店による「日本橋髙島屋S.C.」を2018年9月にオープン

当社の事業・魅力!

社員の裁量が大きい

風通しがよく、お互いの名前と顔が一致する会社規模です。チャレンジ精神を重んじ、進取の気性に富んだ社風ですので、若手社員でも積極的に新しい仕事に挑戦したり、アイディアの提案を受け入れる土壌があります。

海外で働ける

ASEAN地域のランドマークとして高度なSCづくりが高い評価を得ている「シンガポール高島屋S.C.」からベトナムの「サイゴンセンター」まで、アジアのまちづくり戦略を推進していきます。

福利厚生が自慢

2018年度は、男性4名、女性4名が育児休暇を取得しました。育児をしながら働いている社員も多く、育児休職や育児休暇を実際に取得したことのある先輩社員が多いので子育てに関する相談もしやすい環境です。

企業概要

設立 1963(昭和38)年12月28日
今や多くの方が利用する郊外型SC(ショッピングセンター)。当社は「共存共栄」「相互信頼」「自主性尊重」「お客様視点」を理念に、SCを媒介とした20年後、30年後を見据えた「街づくり」を進める商業ディベロッパーです。1969年に開発した「玉川高島屋S・C」においては、当時は田園地帯だった世田谷区玉川エリアを地域の方々と共に発展させ、50年にわたり愛される一つの「街」へと成長させました。また、1993年にはシンガポールに支店を設け、世界の一流専門店からなる「シンガポール高島屋S.C.」の開発にも成功。2010年には現地法人化し、ASEAN地域への更なる進出を進めています。加えて、2016年にはベトナムホーチミンに大型商業施設「サイゴンセンター」を開業、今後ますますグローバル化を加速させる方針です。
代表者
倉本 真祐
資本金 
21億4,000万円
売上高 
636億円(2018年2月)
従業員数
290(男176、女114)名
本社所在地
東京都世田谷区玉川3-17-1
事業内容
●ショッピングセンター(SC)の開発、運営管理
玉川高島屋S・Cのほか、柏、流山、新宿、日本橋、立川、なんば、博多、シンガポール、ベトナムと、それぞれの地域特性に合ったSCを開発、テナント誘致、ゾーンプランニング、販売促進、地域と一体になった環境整備など、都市機能をトータルにプロデュースすることにより、お客様や地域の皆様に安らぎの空間を提供しています。

●不動産の賃貸借、売買とその仲介等
事業所
●本社/海外事業本部/営業企画部/玉川事業部:東京都世田谷区
柏事業部:千葉県柏市
流山事業部:千葉県流山市
首都圏事業部:東京都渋谷区
日本橋事業部:東京都中央区
関西事業部:大阪府大阪市、
九州事業部:福岡県福岡市
平均年齢
38.3歳
沿革
1963年  12月 東神開発(株)設立、SC開発の基本構想を推進
1969年  11月 玉川高島屋S・C開業
1977年  10月 玉川高島屋S・C南館開業
1992年  4月  柏高島屋ステーションモール開業
1993年 10月 シンガポール高島屋S.C.グランドオープン
2003年  9月  玉川高島屋S・C南館増築リニューアルオープン
2004年  9月  玉川高島屋S・C南館奥 柳小路開業
2005年  11月 港南台グラスコート開業
2006年  3月  若葉ケヤキモール開業  
2007年  3月  流山おおたかの森S・C開業
2008年  10月 柏高島屋ステーションモール新館開業
2016年  7月 サイゴンセンターオープン(ベトナム・ホーチミン)
2018年  9月 日本橋高島屋S.C. 新館開業
連絡先
〒158-0083
東京都世田谷区奥沢3-17-1
03-3708-6114
担当/木島・浅見

プレエントリー方法・選考の流れ

まずは、あさがくナビ2020からプレエントリーして下さい。

採用フロー

あさがくナビよりプレエントリー

エントリーされた方に案内を配信

エントリーシート提出

会社説明会

面接、筆記試験および適性検査

内定
最終更新日:2019/03/29(金) 掲載終了予定日:2019/05/23(木)

●検索条件及び掲載内容について
本サイトの求人情報は、広告主の責任に基づき情報を掲載しています。正確で詳しい求人情報を目指し、 弊社による掲載内容の確認を随時行っておりますが、掲載情報の内容についてすべてを保証しているわけではありません。
就職活動の際には、雇用形態・勤務時間・休日休暇・給与・待遇などの詳細情報をご自身で十分に確認して頂きますようお願い致します。
万一、掲載内容と事実に相違があった際は、下記問い合わせフォームよりご連絡ください。調査の上、対応いたします。
あさがくナビ お問い合わせフォーム(質問箱)