あさがくナビ 朝日学情ナビ2019

会員登録はこちらから

あさがくナビ 朝日学情ナビ2019

  • 会員登録はこちらから
  • トップ

2017卒からの新就活スケジュール

大手選考スタート前倒し!17卒以降の就活スケジュールはどうなった?

学生、企業ともに大きな混乱を生んだ2016卒の就活スケジュール。逆に就活期間が長期化してしまったことや、中小企業での内定辞退の増加を受け、2017卒より選考開始が8月から6月に前倒しされました。
2ヶ月前倒しされる事でみなさんの就活はどう変わったのでしょうか?具体的に見ていきましょう。

ポイント 1就活準備期間は変更なし。インターンシップの重要性はさらに増す

インターンシップへの参加や自己分析・業界研究を進める就活準備期間は変更なし。その結果、後述のようにエントリー・会社説明会(セミナー)参加期間が短期化するので、企業は学生との接点を増やすためにインターンシップを強化する動きが見られました。

インターンシップに積極的に参加したり、40万人以上の先輩が受検したあさがくナビの「適職診断テスト(無料)」で自己分析を深めたりするなど、 “就活準備期間をどう過ごすか”が就活成功の分かれ道となるでしょう。

ポイント 2ES提出期間が2ヶ月短期化!早期から選考企業をバランスよく探すべし

選考開始は8月より2ヶ月前倒しされたものの、エントリー・会社説明会(セミナー)は3月開始から変わらず。つまり、選考企業を探す期間が16卒より2ヶ月も短くなってしまいました。同時に、エントリーシート(ES)提出期間も大幅短縮。とくに5月のGW明けは、大手・人気企業のES提出締切が集中する見込みです。

エントリーやセミナー参加、ES提出を効率的にこなし、選考開始後に苦戦しないためにも、変更後(17卒以降)の就活では大手から中堅・中小企業まで“業界を絞り過ぎない選考企業探し”がますます重要になると言えるでしょう。

あさがくナビでは、エントリー検討中の企業の最新セミナー情報が届く業界初の「フォローするボタン」を導入(2016年3月より)。興味が湧いたらまずはフォローし、チャンスを活かしましょう!

ポイント 3大手選考前倒しも短期決戦には変わらず。就活後半戦にも強い「就職イベント」も有効活用しよう

選考開始が8月から6月に前倒しされたものの、依然短期決戦であることには変わらず。短期決戦では失敗しながら改善していくのが難しいため、事前準備をしっかり行い選考試験や面接に挑む必要があります。

とはいえ16卒よりも選考期間が長くなるため、第一志望から内定がもらえなかった場合でも、次の企業にチャレンジできる時間が増えます。就活前半戦はもちろんのこと“後半戦”にも強い「就職イベント」を有効活用して、最後まで諦めず自分にマッチした企業を見つけ出しましょう。