[最終更新日]2018/11/07
あさがくのみ掲載 優良特選企業2
業種 機械・プラントエンジニアリング輸送用機器・自動車関連繊維・アパレル・服飾関連

ペガサスミシン製造株式会社 ※東証一部上場

上場
年間休日120日以上
入社3年離職率15%以下
月平均残業40時間未満
シェア20%以上
3年連続増収増益
資格支援制度あり
女性管理職20%以上

雇用形態 正社員

理系出身者の仕事

理系出身者に聞く!仕事内容

プロフィール
研究開発部 製品開発一課 久原 俊雄

出身学部・学科
大阪工業大学 工学部 機械工学科

大学時代の研究テーマ
力学センサを使用して、物体の形状認識をするロボットの研究をしていました。自走するロボットの先端にセンサを取り付け、測定する物体にセンサが接触した時に形状認識をしていました。

Q 今の仕事内容について、教えてください。
A
★新製品の開発を任されています。

現在任されている仕事は、新製品の開発です。設計仕様書に沿って、新製品の設計から組み立て、実験までの幅広い工程に取り組んでいます。新製品の開発では、ミシンの高性能化や高機能化はもちろん、工業用ミシンの永遠のテーマとも言える振動・騒音の低減、耐久性の向上などを目標に、スペックアップを実現させなければなりません。時には、イメージ通りにできず、原因追求に苦労することもありますが、自分の手で作り上げていくやりがいがあり、製品が完成した時には大きな達成感を感じることができる仕事です。
Q その仕事の醍醐味・やりがいは?
A
★お客様から直接フィードバックやお褒めの言葉をいただけます。

私は「人の役に立つものを作りたい。」と考えて当社に入社しました。入社時から、希望通りの技術職を任され、「作りたいものを作れている。」という実感を持ちながら働くことができています。
そんな私が感じる今の仕事の醍醐味は、お客様から直接フィードバックやお褒めの言葉をいただけること。開発や技術と聞くと、「社内での仕事ばかり」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、新製品開発に携わる私は皆さんの想像以上に試作品の納品やユーザーテストの立ち合いなどでお客様と接する機会が多く、時には海外まで出張することもあります。実際の現場で、お客様が私の開発した製品を用いて縫製されている場面を見ると、「入社前に抱いていた想い通りの仕事ができている。」と実感でき、今の仕事に嬉しさとやりがい、達成感を感じることができていますよ。
Q 仕事で求められるスキルは?仕事で大切なことは?
A
★絶対に前に進めることを意識しています。

新製品の開発では、機能性をはじめ、利便性、業務効率の向上、ロスカットなど、あらゆる面で以前の製品よりもスペックアップさせなければなりません。そのため、私は「絶対に前に進める。」という意識を持って業務に取り組み、日々学ぶ姿勢を持つことを大切にしています。生地や繊維はもちろん、最先端機械技術まで、幅広い分野の情報収集を心掛け、製品作りに活かしています。新しい技術やニーズに出会った時は嬉しく、「もっと良い製品を生み出してやる!」というモチベーションも湧いてきますね。

★コミュニケーション力も大切です。

コミュニケーション力も今の仕事の重要な要素です。私は、当社の仕事の起点となる設計・開発を任されているため、製造部や販売部の皆さんとうまくコミュニケーションをとり、スムーズに仕事が流れるように心掛けています。
Q 学生時代の勉強(研究テーマ)が今の仕事にどのように活きていますか?
A
★機械分野や材料分野の勉強は今の仕事の基礎になっています。

私は現在、開発のために様々な機械を使用しており、大学で学んだ機械の知識が仕事の基礎になっています。今でも職場の机の上には大学時代の教科書を置き、分からないことがあれば確認しています。
また、大学で学んだ材料学や材料力学の勉強も役立っていると感じます。これらの知識があるおかげで、ミシンの材料の特性や加工方法を覚えやすいうえ、製造部の方の話も理解しやすく、スピーディな製作に繋がっています。

もちろん、当社の仕事にも専門的な知識は必要ですが、それは入社後に覚えれば良いこと。皆さんには、その専門的な知識をスピーディに身に付けるためにも、基礎の基礎をしっかりと身に付けておいていただきたいですね。
Q 学生時代にやって良かったことは? or やれば良かったと思うことは?
A
★アルバイトで身に付けた力が今でも役立っています。

学生時代にやって良かったことは、アルバイトです。私はブックストアで働いていたのですが、アルバイトの立場ながら、売り場の管理を任されていました。入荷や陳列、広告、営業の方とのやりとりなど、売り場づくりに関することは全て自分で考えていたことを覚えています。
この経験を通して、自分の考えを発信する力と反映させる力を身に付けることができました。新しいアイデアや意見があれば、積極的に発言するように心掛けるなど、今の仕事でもその力はしっかりと生きているように思います。それを汲み取り、できるだけチャレンジさせてくださる環境があることは、当社で働く魅力の一つです。
皆さんにも自発力と発信力を持って仕事に取り組んでいただきたいです。
Q 就活のスタート時期は?研究との両立はできましたか?
A
★仲間と協力して両立を図っていました。

私は4月に就職活動を開始し、6月頃に内定をいただきました。私のゼミは、チームで研究に取り組んでいたため、仲間と協力することで研究と就職活動の両立を図っていました。私よりも早くに企業から内定をいただいている仲間もおり、その仲間がサポートしてくれたおかげで、この3ヶ月間は集中して就職活動に取り組めたことを覚えています。
就職活動と研究の両立は大変だと思いますが、皆さんも周りの方と協力しながら、乗り越えていただきたいです。忙しくなるかもしれませんが、頑張ってください。
Q 面接の自己PRの内容は?研究のテーマとどのように関連づけましたか?
A
★事実よりも、私の想いを中心にアピールしました。

面接では、「アルバイトの経験とそこから得たものをどう会社で活かすか。」を中心に自己PRを行いました。ブックストアの売り場管理では、お客様目線を持つことはもちろん、移り行く流行を察知するスピード感を持って業務に取り組んでいたため、その意識や姿勢をアピールしました。
研究に関するアピールは、内容よりも、日々の研究に対する姿勢や考えが中心でした。
どの面接でも、取り組んだ事実よりも、私の想いを中心に話を進め、『私』という人間を理解していただくことに注力していたように思います。
Q 理系学生へ就活のアドバイスをください!
A
★会社との相性も大切にしてください。

就職活動では、入りたい会社を目指して頑張ることも大切ですが、それよりも「話しやすい会社」へ入社することが長く働くための秘訣です。自分の意見を言いやすい会社であれば、「やりたいことが実現できる可能性も高くなり、仕事にやりがいを持って取り組めるのではないか。」と考えています。それに、話しやすい会社の方が自然と選考も進みます。本当に相性のいい会社とは、そういった意味で魅かれ合うものではないでしょうか。
私も最終選考で社長や部長を前にして緊張しましたが、話しやすい雰囲気を創ってくださったおかげで、どこよりも自分らしく話すことができました。そんな当社だったからこそ、「自分のことをうまく使ってくださるのではないか。」と思って入社し、今でも楽しく仕事に取り組めているのだと思います。
後悔しないように最後まで頑張ってください!

エントリー方法・選考の流れ

まずは「あさがくナビ」よりエントリーをして下さい。

●採用フロー
会社説明会に参加(エントリーシート記入)
 ▼
書類選考
 ▼
一次選考
 ▼
二次選考
 ▼
最終選考
 ▼
内定通知

●検索条件及び掲載内容について
本サイトの求人情報は、広告主の責任に基づき情報を掲載しています。正確で詳しい求人情報を目指し、 弊社による掲載内容の確認を随時行っておりますが、掲載情報の内容についてすべてを保証しているわけではありません。
就職活動の際には、雇用形態・勤務時間・休日休暇・給与・待遇などの詳細情報をご自身で十分に確認して頂きますようお願い致します。
万一、掲載内容と事実に相違があった際は、下記問い合わせフォームよりご連絡ください。調査の上、対応いたします。
「あさがくナビ お問い合わせフォーム(質問箱) 」

ページのトップへ戻る
就職活動 応援サイト 【あさがくナビ】朝日学情ナビ Copyright Gakujo Co., Ltd. All rights reserved.