[最終更新日]2017/03/08
業種 印刷関連放送・新聞・広告・出版紙・パルプ

株式会社高速オフセット【毎日新聞グループ】

雇用形態 正社員
会社の雰囲気&仕事内容

stfheart_arrowR.gif人事担当者に聞く!会社の雰囲気

stfheart_arrowD.gif最前線の社員に聞く!仕事内容

人事担当者に聞く!会社の雰囲気

プロフィール 管理本部 総務部 課長代理
徳永 幸司

Q
上司と部下の関係は?

上司が基礎からきっちりと教えます!

★しっかりと教える体制が整っているからこそ、早いうちから仕事を任すことができます。

新入社員研修が終わった後、OJTを通じて上司が皆さんを基礎から教えていきます。見積もりの作成や印刷の方法、紙の種類など、覚えることは多岐に渡りますが、9月までは上司のそばで一緒に働いて、少しずつ身につけていただきたいです。このように入社して半年間は、アドバイスや指導を受ける期間を設けています。しっかりとしたサポート体制が整っているため、本配属となる10月からは、入社1年目の若手社員でも担当のお客様を任せることができます。もちろん、独り立ちした後も営業同行などを通じて、上司・先輩がフォローしますよ!
Q
仕事を進めていくスタイルは?

キッチリ、テキパキと進行が基本です!

★少しのミスが損失や信頼を損ねるきっかけになる印刷。だからこそ各部署がミスなく業務を進めていくことが大切です。

印刷は一度機械をスタートさせると、製品は一気に完成形まで走っていきます。一つでもミスが残っている状態で入稿してしまえば、取り返しのつかないことになってしまうのは想像つくのではないでしょうか。特に当社の場合は入稿データをただ印刷するだけではなく、企画から納品まで自社で完結できるワンストップ体制を評価していただいておりますので、その分責任も大きくなります。だからこそ、営業は仕様に間違いがないか再度確認することが大切ですし、デザイナーは校正にミスがないか入念にチェックすることが求められます。また、期日までに納品するためにテキパキと進行していくことも不可欠です。
Q
勤務地の希望は通りますか?

会社の判断に任せていただくケースがほとんどです。

★まずは関西エリアで基礎を固めていただきます。

勤務地に関しては営業の場合ですと梅田か堺、もしくは京都の拠点に配属となります。一方、デザイナーの場合は梅田のオフィスのみとなっております。当社は東京にも拠点を置いておりますが、まずは主力である関西エリアでキャリアをスタートして、基礎を固めつつ経験を積んでいただきたいです。そして、実力を兼ね備えた後で、「東京に行きたい!」など異動の希望を吸い上げたいと考えています。
Q
職場の年齢構成は?

30代後半、40代の先輩が多く、鍛えられます!

★若手をサポートする基盤があります。

職場の年齢構成は、経験も積んで脂ものった30代後半から40代の社員が多いです。しかし、毎年のように新卒採用を行っているほか、若手の中途採用にも力をいれているため、職場には常に新しい風が入ってきています。
ですので、どの営業部に配属したとしても、皆さんと年齢の近い先輩がいます。また、年齢差があったとしても、上司と部下の距離が近いため、何でも相談することが可能です。

デザイナーが配属する企画編集センターに関しては、20代の女性社員が中心となって引っ張っています。
Q
休日、社員の方々はどのように過ごしていますか?

クラブ活動が盛んです。

★クラブ活動で趣味を共有したり、有志で集まって楽しんだり、社員同士の仲の良さは自慢です。

営業と製造の拠点が近いこともあり、普段から他部署の社員と接する機会の多い当社では、プライベートでも交流が盛んに行われています。例えば、クラブ活動ですと、テニスや山登り、ほかには広島東洋カープを応援するカープ会たるクラブもあります。有志では営業と製造のメンバーが一緒になってよくゴルフに行っていますね。このように、公私ともに仲の良い人間関係は、部署の垣根を越えた結束力に繋がっている考えています。
Q
貴社の課題は?
★ノウハウと若い発想を織り交ぜて新しい可能性を。

印刷業界は新聞の発行部数の減少をはじめ、決して明るいとは言い切れません。しかし、生活のいたるところで目にすることからも分かるように、絶対になくなることはありません。当社との場合、チラシやパンフレットなどの商業印刷は好調で、今や売上の半数以上を占めるほどコアビジネスに成長しています。更なる飛躍を遂げるためには、強みである設備を活かして拡大を推し進めていきたいです。また、最近では若手社員の自由な発想を取り入れる体制も整ってきました。絵本の出版はまさにその一例です。今後はこれまで蓄積してきたノウハウと若手のアイデアを織り交ぜて新しい分野にも参入していきたいと考えています。
Q
社長はどんな人ですか?
★社員との距離がとても近い社長です。

社長は社内を見回ることが多く、社員を見つけては捕まえて一緒にコーヒーを飲むほど社員との距離が近いです。もちろん若手社員も対象で、「最近どうや?」など、誰とでも気さくにコミュニケーションを図っている様子をよく目にします。また、「コストを削減することも大切だが、それでは社員が何もできなくなる。」と考えられており、利益がまだ十分に確保できていない新規事業に対しても非常に寛容的です。社長が率先して社員が伸び伸びと働くことのできる環境づくりに取り組んでいる印象を受けます。
Q
給与・賞与について教えてください!
★基本給
大  卒:205,700円
短大卒:194,900円
専門卒:190,900円

★昇給・賞与
昇給:年1回
賞与:年2回

賞与の支給額は業界平均より高い約130万円(2015年実績)。利益を社員にしっかりと還元することが当社の特長です。
Q
評価体系について教えてください!
★良い成績を残せば、その都度対象となる「○○賞」。

当社には独自の奨励金制度があります。それは『部長賞』や『社長賞』などの褒賞金です。例えば、新規顧客の獲得や受注金額が大きい案件など、様々な努力や成果が対象となっています。支給されるタイミングは決まっておらず、成績を残せばその都度支給されています。また、数字だけで判断するのではなく、新入社員の仕事に取り組む姿が対象となるなど、各社員の頑張りが評価されることが特長です。デザイナーに関しては、コンペを勝ち取ったときなどが対象となります。
Q
人事制度、福利厚生、待遇など働く環境で自慢できることは?
★選べる社員旅行。

当社では毎年社員旅行が催されています。数か所から行き先を選ぶことができ、各々が行きたい場所に行くことができます。この旅行は部門の垣根を越えた社員交流の場としても役立っています。

★コミュニケーションツールとして評判の社内報。

当社は年に4回若手が中心となって社内報を作成しています。コンテンツもバラエティに富んでおり、最新ニュースや社員によるお薦めの本の紹介、製品の開発秘話など様々。他部署や他の拠点の様子を知ることもできるため、みんな楽しみにしており、「今回の社内報読んだ?」など、社員同士のコミュニケーションの種となっています。
Q
新人研修や社内研修はどのような内容ですか?
★独り立ちするまで、半年間に及ぶ研修。

入社後はまず1週間から10日間に及ぶ全体研修が行われます。全体研修では各セクションでどのような仕事が行われているのか、そしてどんな先輩が働いているのかを把握することがメインです。そして、営業職に関しては一定期間現場に入って印刷の工程を学ぶ実地研修を受けていただきます。
その後は営業・デザイナー両職種ともOJTを通じて先輩から業務を教わります。OJTは見積もりの作成やお客様先への訪問など、実際の仕事内容を間近で見ることのできる期間です。独り立ちする10月までの間、少しずつ知識とスキルを身につけていただきたいと考えています。

stfheart_arrowR.gif人事担当者に聞く!会社の雰囲気

stfheart_arrowD.gif最前線の社員に聞く!仕事内容

最前線で働く社員に聞く!仕事内容

プロフィール 営業二部
西田 晃己
天理大学 体育学部 体育学科 2012年卒業

仕事内容
チラシやパンフレット、様々な媒体を手掛けるエース社員

Q
入社後、一番初めに任された仕事は?
★先輩のフォローをしながら、お客様や仕事の流れを覚えていきました。

入社後に任された仕事は、主に先輩のフォローです。校正した印刷物をお客様のもとへ持っていくデリバリーや見積もりの作成など、できることを少しずつ広げていきました。この期間を通じて、お客様のことや仕事の流れを把握できたと考えています。また、「このお客様はこんな印刷物が多いなぁ。」など、考えながら仕事に取り組むきっかけにもなりました。当時、私が一番苦労したのは、見積もりをはじめとするデスクワークですね。数字があまり得意ではありませんでしたので、先輩に手とり足とり教えてもらったことを覚えています。
Q
この会社に入社して良かった!と思った瞬間は?
★自分の携わった印刷部が世に出回っているのを目にしたとき。

当社の新入社員は1年目の10月頃から独り立ちをして、お客様を担当します。私がはじめて担当した案件は、毎日新聞の折り込みチラシでした。右も左も分からないまま、先輩の力を借りつつ進めていったこの案件。苦労しましたが、実際に印刷されて世の中に出回っているのを目にしたときは何とも言えない達成感がありました。思わず家族や友人に、「このチラシ、俺がやってんで!」と自慢したことを覚えています(笑)もともと自分の仕事がカタチとして残る印刷業界に魅力を感じて当社に入社をしたので、まさかこんなにも早くその経験ができるとは思ってもみませんでした。これも早いうちから大きな案件を任せてもらえる当社の魅力だと考えています。
Q
貴社の自慢は?(仕事内容、事業内容、社風など)
★みんなが「良いモノを創ろう!」という同じベクトルに向かっている結束力。

私の感じる当社の自慢は、非常に結束力が強いことです。少しイレギュラーな業務。例えば検品作業など、関係ない他部署の方も率先して手伝ってくれます。また、営業の前工程であるデザイナーに関しても、非常に協力的ですので、案件もスムーズに進めることができます。このように部署の垣根を越えて助け合う関係は、みんなが「良いモノを創ろう!」という共通の目標を持っているからだと考えています。

★他部署のメンバーと距離が近いこと。

営業部が堺に移転したことで、製造のメンバーとの距離がとても近くなりました。拠点が離れていた依然と比べ、コミュニケーションの量も飛躍的に増え、終業後には他部署のメンバーと食事に行く機会も増えました。距離が近くなったことで仕事も円滑に進んでいますね。部署の垣根がないことも当社の魅力です。
Q
今のお仕事の印象に残ってるエピソードは?
★はじめての新規のお客様。

入社1年目、それこそ数社のお客様を担当し始めて間もない頃のことです。オフィスにいると一本の電話がかかってきたので、私はとっさに受話器を取りました。とあるエリアでフリーペーパーを発行している法人様から、「こんなのできますか?」というお問い合わせでした。正直、印刷の加工法や紙の種類、納期、金額の出し方など、まったく分からず、自分ひとりの力ではどうすることもできませんでした。結果的に納品することはできたのですが、最初から最後まで上司に頼りきりでした。達成感よりは、「情けない。」という感情の方が強かったです。しかし、上司が「この案件は、お前の成果だ。」と私に数字を持たせてくれたのです。そのときは、「早く期待に応えよう!」と気持ちが引き締まったことを強く覚えています。
Q
将来の目標や夢は?
★どのお客様からも信頼される人材に!

現在、私は大小合わせて50社ほどのお客様を担当しています。少しずつお客様も増えてはいますが、すべてのお客様の期待に応えることができているかと自分自身に問いてみれば、まだまだ不足していると考えています。その点を踏まえ、今後はどのお客様からも信頼していただける人材になることが目標です。そのために、まずは担当としてどんな案件でも100%の力を出すこと。また、印刷物は工夫やアイデア次第でコストやスピード、品質など、お客様が重視するポイントに沿ったご提案をすることができます。もっと知識・経験を積んで、提案の幅を今以上に広げていきたいですね!
Q
新入社員に期待することは?
★失敗から学ぶことです。

新入社員は失敗を恐れず、何事にも積極的にチャレンジしていただきたいです。私も1年目の頃はたくさん失敗しました。ときには損失を出してしまったこともあります。しかし、アグレッシブに取り組んだことで、仕事を早く覚えることができました。失敗を歓迎しているわけではありませんが、失敗から"気づき"や"学び”を吸収できるのであれば、私はどんどん挑戦するべきだと考えています。当社はチャレンジに対して応援してくれる社風がありますし、もちろん私たち先輩もサポートしますよ!
Q
就活のアドバイスをお願いします!
★やはり一番は自分の興味が湧きたつ会社を選ぶことです。

私はずっと野球をしてきたこともあり、就職活動当初はスポーツ業界を中心に説明会や選考に足を運んでいました。しかし、思っていたより面白そうとはなりませんでした。そこで改めて視野を広げたところ、高速オフセットに出会いました。「自分の手掛けた仕事が世の中に広がっていく。」当時の人事担当者から聞いたこの言葉に、私はとても魅かれました。そして、その想いは今でも変わることなく持ち続けています。自分が本当に行きたくて入社した会社と妥協して入社した会社とでは、入社式を迎えるときのモチベーションは大きく差があると思います。皆さんが納得して入社する企業と巡り合えることを応援しています!頑張ってください!

エントリー方法・選考の流れ

●まずは「あさがくナビ」からエントリーをしてください。

●検索条件及び掲載内容について
本サイトの求人情報は、広告主の責任に基づき情報を掲載しています。正確で詳しい求人情報を目指し、 弊社による掲載内容の確認を随時行っておりますが、掲載情報の内容についてすべてを保証しているわけではありません。
就職活動の際には、雇用形態・勤務時間・休日休暇・給与・待遇などの詳細情報をご自身で十分に確認して頂きますようお願い致します。
万一、掲載内容と事実に相違があった際は、下記問い合わせフォームよりご連絡ください。調査の上、対応いたします。
「あさがくナビ お問い合わせフォーム(質問箱) 」

ページのトップへ戻る
就職活動 応援サイト 【あさがくナビ】朝日学情ナビ Copyright Gakujo Co., Ltd. All rights reserved.