[最終更新日]2017/04/12
あさがくのみ掲載
業種 建設・住宅不動産サービス(その他)

株式会社三東工業社 【JASDAQ上場】

上場
積極採用 理系学生 文系学生 理系大学院生 文系大学院生 短大生 専門学校生
雇用形態 正社員
会社の雰囲気&仕事内容

stfheart_arrowR.gif人事担当者に聞く!会社の雰囲気

stfheart_arrowD.gif最前線の社員に聞く!仕事内容

人事担当者に聞く!会社の雰囲気

プロフィール 管理本部 取締役管理本部長
矢森 貞行
「建築・土木に携わりたい!」そんな想いを持つ方とお会いできることを楽しみにしています!

Q
上司と部下の関係は?

結構フレンドリー。フラットな関係が自慢です!

■職場の上司や先輩はもちろん、パートナー企業もみんな温かいです。

入社後は上司や先輩から日々の仕事を教わります。彼らがマンツーマンで皆さんのフォローにあたるので、すぐに距離も縮まり、分からないことや不安なことは何でも相談できる関係になると考えています。また、施工を依頼しているパートナー企業も長年の信頼関係を構築していますので、新入社員の皆さんを温かく迎えてくれること間違いなしです。社内も現場も、アットホームな環境が当社にはあります。
Q
仕事を進めていくスタイルは?

量が質を生む!与えられた仕事をコツコツと!

■仕事を肌で覚えて、どんどん経験を積んでください!

施工管理は、現場をマネジメントするポジションです。そのため、実際の作業を除いて、現場における一通りの仕事を身につける必要があります。書類・施工図の作成や土地の高低差を測る測量なども施工管理の仕事の一例です。この多岐に渡る仕事を新卒入社してすぐにできる方は、まずいないでしょう。とにかく最初は上司の見よう見まねで構いませんので、与えられた仕事をコツコツと取り組んでいただきたいですね。その頃の経験はノウハウとして蓄積され、必ず今後に役立ちます。
Q
勤務地の希望は通りますか?

会社の判断に任せていただくケースがほとんどです。

■転居を伴う異動はナシ!基本的に勤務地は滋賀県内です。

担当する現場は、所属部署の部長により任命されるため会社の判断に任せていただくケースがほとんどです。しかし、当社は滋賀県に根差して事業を行っているため、基本的には滋賀県内が勤務地となります。ですので、たとえ次の現場に移ったとしても、転居を伴う異動はありません。施工期間は現場の規模により異なるものの、平均すると約半年間で終了し、次の現場に移っていきます。
Q
職場の年齢構成は?

30代後半、40代の先輩が多く、鍛えられます!

■様々な現場を経験して、脂が乗った先輩が大勢活躍しています!

当社の平均年齢は45歳で、会社を引っ張ってくれているのは、様々な現場を経験して今まさに脂が乗っている40代の先輩社員です。研修期間を経て、皆さんが実際に現場デビューをするとき、彼らが指導にあたります。知識もスキルも成熟し、当社の核となっている先輩方からアドバイスを受けるのは、非常に良い経験になると思います。是非、一つでも多くのノウハウを吸収していただきたいと考えています。
Q
休日、社員の方々はどのように過ごしていますか?

休みは個人で楽しんでいます。

■プライベートの時間を確保できてこそ、仕事にも集中することができると考えています。

家庭を持つ社員が多いためか、休日は個人で楽しんでいることがほとんどです。オンとオフがしっかりと分けられていることは、当社の特長の一つだと考えています。しかし、職場以外での交流がないわけではありません。各部署では忘年会などのイベントが催されており、年齢や役職に関係なく、和気あいあいと楽しんでいるようです。また、先輩・後輩が終業後に一緒に飲みに行くなど、社員同士の仲は良いと思います。
文理・学部学科一切不問!
若手でも活躍できるフィールドがここにはあります!!
栗東本社です。
地元企業からの信頼感は抜群です!
困った時は社員みんなで解決します!
不安なことは何でも相談して下さいね!
Q
貴社の課題は?
■当社の今後を背負っていく若い人財の育成です。

おかげさまで当社は、地元滋賀県を中心にお客様から多数のお引き合いをいただいています。また、地下技術部門に関しても高い技術力を認められており、過去には羽田空港やグランフロント大阪など、全国で大規模な案件を任されています。しかし、一方で現場監督の人員が不足している課題が浮き彫りなっています。当社がこの先も成長を続け、100年企業を目指すには、若い人財の育成が必要不可欠です。是非、皆さんの力を当社で発揮していただきたいと考えています。
Q
社長はどんな人ですか?
■常に前を見据え、新しいことにチャレンジする社長です。

社長は、いろんなことに敏感で、常に新しいことにチャレンジする意欲を持たれている方です。多方面にアンテナを貼られており、ビジネスチャンスがあると思えば、すぐに行動に移していますね。また、若手社員からの意見にも熱心に耳を傾け、会社にとって利益となるアイデアに関してはすぐに採用することも、社長の性格の表れだと考えています。
Q
給与・賞与について教えてください!
基本給は、以下の通りです。
■施工管理職
月給258,000円(大学卒業者)
月給233,000円(短大・専門学校卒業者)
月給190,000円(高校卒業者)

■事務職
月給238,000円(大学卒業者)
月給213,000円(短大・専門学校卒業者)
月給190,000円(高校卒業者)

比較的金額が高いのは、頑張った人をしっかりと評価する、
そのような給与体系となっているためです。

また賞与は、年1回の業績に応じた決算賞与となっています。
Q
評価体系について教えてください!
■若手社員は、普段の仕事に対する姿勢を評価しています。

評価体系は、7~8月の間に成績評価が行われ、個人の成績や目標達成に応じて判断され、9月に昇給・昇格が決定し、10月から反映されるようになっています。毎年の目標に関しましては、自分で計画を立て、上司と一緒に相談しながら決めていきます。決定した目標は、随時上司との面談を通じて進捗確認が行われているため、これまでの振り返りと今後の取り組みが明確になると考えています。新入社員における目標は、普段の仕事への姿勢や社会人としての規律性などがメインとなっていますので、毎日一生懸命真面目に仕事に励んでいれば、当社は必ず評価します。
Q
人事制度、福利厚生、待遇など働く環境で自慢できることは?
■外部の様々なサービスを受けることができます。

浜名湖にある保養施設をはじめ、エクシブ白浜や鳥羽などにある一流のリゾートホテルを社員価格で利用することができます。また、中小企業勤労者互助会に加入していますので、様々な福利厚生サービスはもちろん、コンサートやレジャー施設などのチケットも割安で入手することが可能です。
Q
新人研修や社内研修はどのような内容ですか?
■約1ヶ月間、ビジネスマナーからしっかりとお教え致します。

入社後は、1ヶ月間ほど挨拶や敬語などビジネスマナーや社内規則、当社の事業について理解を深めていただく研修を実施します。そのほか、現場視察にも行き、施工管理という仕事のイメージをつかんでいただきます。そしてゴールデンウィークが明けた頃から、本格的に現場に行き先輩からマンツーマンで仕事を覚えていくOJTがスタートします。

■資格取得に向けた、専門学校への入学も全面バックアップ。

施工管理という仕事は、資格を取得すればするほど仕事の幅がどんどん広がり、さらに面白味が増しています。しかし、自主的な勉強だけで合格することは、そう容易いものではありません。そのため当社では、建築・土木の専門学校への入学金を全面的に負担しています。現場で実務経験を重ねながら、専門学校で専門知識を高めることのできる体制が当社にはあります。
Q
面接での質問内容を教えてください!
■「建築・土木に携わりたい!」その想いをぶつけてください!

面接でよく質問させていただく内容は、「志望動機。」「学生時代に一番頑張ったこと。」「当社に入社してやってみたいこと。」です。皆さんのこれまでの経験やこれからの意気込みなど、色々と伺えればと考えています。

施工管理は「きつい。しんどい。」というイメージを持たれている方も多いかと思いますが、それ以上に自分が責任を持って進めたプロジェクトが完成したときは、とても大きなやりがいが待っています。文系理系問わず、建築・土木にチャレンジしてみたいという想いをお持ち方、三東工業社ならその想いに応えることができます!

stfheart_arrowR.gif人事担当者に聞く!会社の雰囲気

stfheart_arrowD.gif最前線の社員に聞く!仕事内容

最前線で働く社員に聞く!仕事内容

プロフィール 総務部 管理課
藤井 康徳
大阪商業大学 総合経営学部 経営学科卒業

仕事内容
現在は経理として、日々の入出金はもちろん、会社の1年を占う重要書類の作成も任されています。

Q
入社後、一番初めに任された仕事は?
■数億円のお金を管理できるやりがい。

入社後は、パートナー企業様への支払調書の作成を任されました。私自身、大学時代に簿記の勉強をしていたので、その知識を生かすことのできる仕事に就くことができたのは、とても嬉しかったです。しかし、建築・土木の知識を全く備えていませんでしたので、最初は勘定項目を振り分ける際に、資産なのか負債なのか判断することが難しく、まずは材料や用語を覚えることからスタートしました。実際に仕事を任せてもらいながら、分からないことをその都度上司や先輩に聞くことができたので、早く身につけることができたのは良かったと感じています。当社は滋賀県の建築・土木業界ではトップクラスのシェアを持つ企業です。そのため、パートナー企業様も数百社、支払も毎月数億円にのぼります。そのような金額を管理できることは、入社してから今に至るまで、ずっとやりがいを感じています。
Q
この会社に入社して良かった!と思った瞬間は?
■仕事の事もプライベートのことも相談できる、アットホームな社風です。

入社して私が感じた当社の魅力は、人間関係の良さです。これは入社してから現在まで、一切変わっていません。上司や先輩とは、仕事のこともプライベートのことも何でも相談できる間柄がありますので、職場の雰囲気は良く、とても働きやすい環境があります。
あれは、入社してまだ間もないときのことです。プライベートのことで落ち込むことがあり、私は勤務中も浮かない顔をしていることがありました。そんなときも、私を元気づけるために皆さんが温かい言葉をかけてくださったんです。このアットホームな社風は、「当社に入社して良かった!」と思った瞬間でしたね。
Q
貴社の自慢は?(仕事内容、事業内容、社風など)
■滋賀県の建築・土木業界では唯一上場を果たしています。

当社は滋賀県の建築・土木業界において、唯一上場を果たしている企業です。また、創業60年の歴史を持つ老舗企業でもありますので、事業を継続している分、地域にも貢献できているのは誇りに感じています。

■高い自己資本比率と盤石な経営基盤。
当社のもう一つの自慢、それは盤石な経営基盤です。これまで積み重ねきた堅実な経営は、今でも高い自己資本比率となって表れており、非常に安心して働くことができる環境だと考えています。経営が不安定ですと、「この会社、大丈夫なのかな。」というように、働いている私たちも不安が先行してしまい、モチベーションにも影響が出てしまいますが、当社ではその心配は必要ないので、思い切って自分の能力を発揮することができます。
Q
今のお仕事の印象に残ってるエピソードは?
■経理にとって、年に1度のイベント「経営事項審査の書類作成」。

建築・土木業界は、経営事項審査に必要な書類を行政に提出しなければ、橋やダムなどの公共工事を受注することができません。経営事項審査とは、財務諸表をはじめ、過去に請け負った工事の実績や資格を取得している社員数、所有している機械、他には福利厚生面など、非常に多岐に渡る項目に基づき、総合的に会社が判断される審査です。この審査に提出する書類によって、公共工事の受注は大きく左右されますので、その書類を作成する際は数ある仕事の中でも特に気合が入ります。そして、最終的に完成して、私の手掛けた書類がきっかけとなり公共工事の受注に繋がったときは、経理という間接部門ではありますが、「会社に貢献できている!」と強く感じることができますね。
Q
将来の目標や夢は?
■経理の側面から会社をサポートしていきたいです。

今後の目標は、私の所属している管理本部において、トップである本部長になること。そして、原価管理を徹底して無駄な出費を抑え、経理の側面から経営陣をサポートできるような人財になることです。そのために、今任されている日々の入出金をしっかり取り組むことはもちろん、より専門的な知識を深め、まずは1級建設業経理士の資格を取得したいと考えています。経理は会社の中で最も資本や売上について精通している部署ですので、色々なアドバイスができるはずです。少しでも会社の力になって、この先もずっと事業を継続できる強い会社をつくっていきたいですね。
Q
新入社員に期待することは?
■素直さと謙虚さと情熱を大切にしてください。

新入社員は、「若さ」が一番の武器です。素直さと謙虚さと情熱を忘れずに、日々の仕事に励んでいただければと考えています。建築・土木業界は専門性の高い分野です。実際に私も学生時代は畑違いのことを勉強していたので、入社してから現場視察などを通じて、当社の事業を学びました。例えば、施工中のトンネルや琵琶湖大橋の橋脚工事など、様々な大規模工事を間近で見ることができます。非常に面白いですし、理解も深まると思います。このように、入社してから勉強できることはたくさんありますので、まずは素直さと謙虚さを持って先輩から可愛がられ、色々な知識を吸収してください。そして、一番大切なのは、モチベーションを保ちながら情熱を持って日常業務に取り組むことです。その姿勢は必ずみんなが評価してくれます。
Q
就活のアドバイスをお願いします!
■自分の中で、何かを一つでも譲れないポイントを持ってください。

私は就職活動を行う際、「自分が勉強してきたことを生かすことのできる職種に就きたい。」と考えていました。それは私にとって簿記・会計であり、経理という仕事を軸に企業説明会や選考に足を運んでいました。当社以外にも内定をいただいた企業はありましたが、最終的に三東工業社に入社を決めたのは、やはり経理という職種に従事できる環境があったからです。だから、今でも私はやりがいと面白味を感じながら日々の仕事に取り組むことができていると考えています。ですので、皆さんも自分の中で一つでも芯を決めて、企業選びをしていただきたいです。そうすることで、きっと自分とマッチした企業に巡り合うことができます。また、選考がなかなか上手くいかなくても、一人で悩まずに、友人や家族と相談することです。絶対に良い結果に繋がると思います。

エントリー方法・選考の流れ

●まずは「あさがくナビ」からエントリーをしてください。

●検索条件及び掲載内容について
本サイトの求人情報は、広告主の責任に基づき情報を掲載しています。正確で詳しい求人情報を目指し、 弊社による掲載内容の確認を随時行っておりますが、掲載情報の内容についてすべてを保証しているわけではありません。
就職活動の際には、雇用形態・勤務時間・休日休暇・給与・待遇などの詳細情報をご自身で十分に確認して頂きますようお願い致します。
万一、掲載内容と事実に相違があった際は、下記問い合わせフォームよりご連絡ください。調査の上、対応いたします。
「あさがくナビ お問い合わせフォーム(質問箱) 」

ページのトップへ戻る
就職活動 応援サイト 【あさがくナビ】朝日学情ナビ Copyright Gakujo Co., Ltd. All rights reserved.