会社の雰囲気&仕事内容

人事担当者に聞く!会社の雰囲気

プロフィール 建設事業部 人材開発課 採用チーム
田口 淳子

Q
上司と部下の関係は?

上司が基礎からきっちりと教えます!

入社した際には、講師が上司という位置づけになります。その講師陣は業界未経験者の皆さんについて、きっちりと基礎から教えます。ですから、気後れすることなく、どんな質問でも聞いて下さいね。
各講師は、建設業界やCADの業界では第一人者の方ばかりですから、経験を活かして、本当に現場で必要な実務、起こりがちな問題、加えて自分で成長していくための心構えなども伝えています。
さらに研修を終え現場に出た場合は、職人さんなど結構癖のある人が多い職場になりますが、そのような職人さんとのコミュニケーションに欠かせないのが「誠意」です。全て現場で働いている人は、何かの能力を持っている人ばかり。先輩技術者や職人さんも、自分よりもなにか優れたものを持っている人たちなんですね。そういった認識で、その人達を尊重して欲しい。その気持ちを忘れなければ、きっとみんな助けてくれるし、成長させてくれます。
Q
仕事を進めていくスタイルは?

キッチリ、テキパキと進行が基本です!

入社時研修は、朝は9時の朝礼からスタートして夜は18時までテキパキとカリキュラムを進めていきます。
一方、現場に出ると、朝は朝礼をした後、事故を起こさない、身体を慣らすというような意味合いでラジオ体操をやってから現場の作業に入ります。そして1日毎に決められた作業を進めていきます。
さらに建設では、必ず工期というものが決まっていて、それまでに工事を終える必要があります。そのためには、キッチリ、テキパキと進行をしていくことが、この業界の仕事に対する取組みのスタイルであり、最終的な工期を守る基本となるのです。
さらに現場は、1つのプロジェクトに対して、会社もポジションも職制も違う人達が集まって、1つの目標に向かって作業を進めるためには、テキパキとした進行が同じ意識で仕事をすることが大切です。そのようにして仕事を進めることができるから、日本の建設業の品質が守られているのです。
Q
勤務地の希望は通りますか?

希望を出せば希望を尊重します。

社員として採用した以上は、その雇用を守るという意識は強く持っていますので、そのために、どうしても希望以外の場所にいっていただくこともあります。派遣会社でありがちな、切り捨てであったり、雇い止めというようなことは、当社では全くありません。リーマンショックの時、3割くらいの社員が待機した時期がありましたが、一人もリストラせすに乗り切ったという実績もあります。そのために、希望以外の勤務地となることもありますが、そのようなことでもない限り、本人の希望を尊重しています。当社が担当する建設現場は、日本各地で行っています。当社では、自宅から通勤できる地元で働いてもらうのが一番いいと考えています。出張や転勤は、様々な意味でコストもかかりますし、メンタル面でも問題が発生する可能性が高くなります。そのようなことを多面的に検討しても、できるだけ本人の希望を尊重することが、いい結果を生むと確信しています。
Q
職場の年齢構成は?

20代後半~30代前半が多く、活気があります!

建設業界では非常に技術者が不足し、特に若手技術者は引く手あまたの状態です。そのため当社にも、クライアントである大手ゼネコンや建設会社から、人材を提供するような依頼が増えています。そこで当社では、研修制度を通じて、20代の社員をどんどん採用してきました。さらに研修センターも規模を大きく拡大し、20人規模の研修センターの収容人数を、施設規模を整えて、45人が研修可能な施設へと整備をしました。
また、既に現場に送りだした社員も20代が中心です。全体の構成からすると、20代は4割程度なのですが、今後も増えていく予定です。さらに全国各地(東京・横浜・大阪・仙台・福岡・札幌の5拠点)で事業を展開し、待遇・福利厚生も充実させたうえで地元採用・地元配属優先で行っていることも、20代の社員の定着率を高める一因となっています。
Q
休日、社員の方々はどのように過ごしていますか?

社員同士の仲が良く、よく遊んでいます。

業界未経験でなにかを志す、そういう様々な思いを共有できる仲間同士として人間関係を築く期間が研修期間として2・3ヵ月あると同期の仲間としての意識も高まります。社内はアットホーム。研修後も同期同士、また上司や先輩とのつながりも強く、仕事の相談なども多いです。研修生同士は非常に仲がよく、金曜日は飲みにいったり、土日は一緒に遊びに行く事多いようです。また地方から来ている人達は、寮(埼玉、川口、鳩ケ谷など関東周辺エリア)で生活をすることになります。そうすると、寮に住む社員同士で、土日に東京の観光に行ったり、その他いろんなところに遊びに行ったりしているようです。研修制度と寮という、深く人間関係を築くことができる仕組みを通じて、社員同士のコミュニケーションや絆が生まれ、プライベートも充実してきます。それが、各々が現場に出ていった後も、様々な人脈づくりや課題解決に活きてくるのです。
Q
貴社の課題は?
当社の課題は、3つあります。それは若手技術者の育成、女性技術者の支援、そして高齢技術者の活用です。
若手技術者の育成は、将来現場責任者になりたい人は、当社から卒業して違うステージへと変わるキャリアパスが必要です。ゼネコンへの転籍であったり、紹介をしたりすることも積極的にすすめています。
女性技術者の支援は、女性の事務職の方にCADオペレーターとして就業できる研修プログラムを提供しています。さらにそのCADで描く内容までも理解して仕事に取り組めるようなカリキュラムにして技術的な素養も身につけてもらうようにしています。
高齢技術者の活用についても積極的に進めています。技術派遣という方法で、未経験から高齢者まで活躍できる場を提供しています。このように、当社に在籍した人が研修を通じてスキルを高め、よくなれば、社会的な存在価値が高い会社となります。それが当社の課題です。
Q
社長はどんな人ですか?
常に前向きでポジティブな方です。若くて勢いがあり、アグレッシブにトップ営業を展開しています。社長が常に意思決定の根底に据えているのは「技術者にとって成長しやすい環境とはどういうものか」「生涯、技術者であり続けることは可能なのか」という視点です。技術者たちが自ら考え、その理想を追求するべく「技術者の生涯フィールド」として、また「技術者のコミュ二ティ」といった当社のコンセプトを体現するような仕組みやシステムを常に考えるアイディアマンでもあります。その一方で、会社の中ではみんなに声をかける気さくなタイプです。
研修の更なる充実を常に追求しているのも、専門分野のスキル向上、また最近では技術者の市場価値を高めるために複合技術の習得に臨む技術者が増えていることへの対応です。今後は、このようにして当社の研修制度を「社会人の学校」と思われるくらいのレベルまで精度を上げていくことを目指しています。
Q
給与・賞与について教えてください!
月給の他に残業手当、資格取得奨励手当などの各種手当が支給され概ね平均以上の給与水準を保っています。賞与はありません。昇給は年1回。昇給査定があって、昇給します。
もちろん時間外手当、残業代などは全て支給されます。建設の現場では工期があるために、工期が迫ってきて遅れていたりすると、どうしても時間外勤務が増える傾向にあります。したがって「過重労働回避」のために携帯電話を利用した独自の勤怠システムを構築し、社員1人ひとりの勤務時間を正確に把握し、過重労働が発生しないよう努めるとともに、正確に把握した勤務時間を計算し、時間外手当も正確に支給しています。
後は、寮に入る人であれば住宅手当が、出張する人には赴任手当が支給されますが、複雑な手当の体系にはなっていません。できるだけシンプルな制度設計にして透明性の高い制度にしています。
Q
評価体系について教えてください!
技術者としての評価体系は、給与や手当という収入面だけではないと、当社では考えています。そこで、当社では、まず、未経験者の皆さんに研修を通じて「チャンス」をつくり出しキャリアステップとなる「ステージ」を用意します。建設業界は元請けであるゼネコンから何層にもなる下請けまでのピラミッド構造です。そこにある豊富な案件からキャリアにあわせた「ステージ」を用意して、より上級ステージにチャレンジするチャンスを創出する。それがクライアントを通じた当社での評価体系となっていきます。そうしてより上流の仕事を担当しチャレンジを重ねることで、自らの価値が高まることなのです。
この時に大事なのが、その時の経験より上を目指すわけですから、そのための付加価値が必要だということです。そのために、新たなスキルを当社オリジナルの研修制度で身につけてください。研修制度をフルに利用して、自らの価値を高めて下さい。
Q
人事制度、福利厚生、待遇など働く環境で自慢できることは?
建設業界であればステータスなことなのですが、大手ゼネコン・トップ企業が施工するビッグプロジェクトに携わることができます。例えば、六本木ヒルズや東京ミッドタウン、JPタワー、東京駅丸の内駅舎、越谷レイクタウン、恵比寿ガーデンプレイス、霞が関ビル、横浜ランドマークタワー、赤坂サカス、聖路加タワー、JR博多シティ、キャナルシティ博多、新千歳空港、羽田空港、梅田スカイビル、あべのハルカス、グランフロント大阪など、著名な記憶に残る、みんなが知っているようなビッグプロジェクトで活躍できるチャンスがあります。

また、ビッグプロジェクトであるかどうかにかかわらず、現場完了後に1週間程度のリフレッシュ休暇取得も可能です。また法律相談窓口やメンタルヘルスケア制度など福利厚生も充実しています。
Q
新人研修や社内研修はどのような内容ですか?
入社後、2~3カ月間の「技術基礎研修」があり、午前中は専門講師による「CAD研修」を毎日実施。初級から上級まで、レベルに応じた研修でCADスキルが身に付きます。
午後は、ゼネコン等のOBを中心とした講師による座学研修やDVD研修、実地研修があります。主な科目としては「建築」「電気設備」「空調衛生設備」「土木」です。 
さらに、「ビジネスマナー研修」「コミュニケーション研修」「安全衛生教育研修」も実施します。お客さまへの対応から、人間関係を構築するコミュニケーション力まで、ロールプレイング形式で実践的に学べます。このような基礎ビジネススキル研修を通じて、社会人経験がなくても安心して、各建設現場で就業できるようになります。
さらに、国家資格を取得するための「資格取得WEB研修」もあり、建設系国家資格の有名校による施工管理資格のWEB講座を、希望者全員が受講することができます。 
Q
面接での質問内容を教えてください!
当社の事は、会社説明会等で詳しくお話していますので、建設業界を選んだきっかけや自分の強み、入社意欲などを確認する質問をさせて頂く事が一般的です。

その際に、建設業界での派遣就業の魅力も確認します。
大手ゼネコンの社員も、ほとんどの人は現場で働いています。しかも現場はプロジェクトごとに仲間が変わって、転々とする我々の派遣就業と全く同じ就業スタイルです。
あるビッグプロジェクトであれば、ポジションも職制も違う何千人という人たちが、会社の所属に関係なく同じ意識で仕事をしています。
さらに、建設業界でのキャリア評価は、所属ポジションではなくて、どのようなプロジェクトに携わってきたかということなのです。
だから建設技術者にとって派遣就業という就業スタイルは、着実にキャリアが積み上げられ、理想のキャリアパスを描くことができ、非常に魅力があるのです。
このような位置づけに対する理解を確認します。

エントリー方法・選考の流れ

【あさがくナビ】からエントリーお願いします。
  ▼
会社説明会
  ▼
1次面接
  ▼
2次面接
  ▼
内定

セミナーのお知らせ

●随時セミナー情報をアップしています。
『セミナー情報』画面よりエントリーをお願い致します。

●検索条件及び掲載内容について
本サイトの求人情報は、広告主の責任に基づき情報を掲載しています。正確で詳しい求人情報を目指し、 弊社による掲載内容の確認を随時行っておりますが、掲載情報の内容についてすべてを保証しているわけではありません。
就職活動の際には、雇用形態・勤務時間・休日休暇・給与・待遇などの詳細情報をご自身で十分に確認して頂きますようお願い致します。
万一、掲載内容と事実に相違があった際は、下記問い合わせフォームよりご連絡ください。調査の上、対応いたします。
「あさがくナビ お問い合わせフォーム(質問箱) 」

ページのトップへ戻る
就職活動 応援サイト 【あさがくナビ】朝日学情ナビ Copyright Gakujo Co., Ltd. All rights reserved.